Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

技術者インタビュー(1)

技術者インタビュー(1)

植村 源

2015年4月、弊社に初めて「営業部」が開設されました。当然営業活動はこれまでにも行ってきましたが、その部署名を冠してこなかったのは、担当者全員が技術者であるからです。独立した部署となってもそのスタンスが変わることはありません。なぜなら、お客様が解決を求める課題は、すべて開発現場にあるからです。“技術者どうしだからこそわかり合える”ことがあります。技術者集団として多様なスキルを保有する弊社だからこそ提案できることがあります。 お客様の直面する課題を解決するソリューションサプライヤーとしてディスコンからコンサルティングまで、幅広く対応していきたいと考えています。

技術者としての専門知識を核に
つねに期待を上回る回答を目指します

植村 源 ちなみに私の前職は携帯電話の機構設計業務がメインで、大手数社の製品開発と向き合ってきました。
携帯電話設計は、ご存知のように“より薄く、より小さく、より高性能に”と相反する条件を筐体に満たしていく作業です。とくにサイズや厚みについてはつねに極限まで追い込むことを求められてきました。この技術を他の電子機器製品などに応用すれば、あらゆるものをコンパクト化出来る可能性があります。あるお客様から受託した警報器の設計では、従来の2/3にサイズを圧縮することができ、その自信が現在の営業アピールポイントのひとつにもなっております。

まずお客様を知ること
そして総合力でニーズの本質に迫る

植村 源 弊社には、大きく8つの技術部門があり、それぞれの技術者が各専門分野のエキスパートで、部門間の繋がりが非常に強く、結束力があります。この結束こそがWave Technologyの強みです。機器のコンパクト化こそ総合力がものを言う世界。基板設計者も回路設計者も社内にいますから、すぐにまとまって話をすることができるのです。同じコンセプトを共有し、共通のゴールを目指しますから、やはりスピードも違います。
まだ形を持たないニーズを具体化して提案し、ビジネスに結びつけていけるところが弊社の持ち味であると確信しています。まず、お客様である開発部門の皆さんから悩みを伺うことが第一。困りごとはなにか、スケジュールや予算、業務の位置づけは、など、お客様の状況をつぶさに把握するところから私たちの仕事は始まります。

お客様にとっては負の作業ともいえるディスコン
そこに私たちの出番があります

植村 源 電子部品が廃番になったり、工場が閉鎖されたり、あるいは災害の影響など、ディスコンが発生する理由も様々です。部品の供給が止まると製品も価値を失うため、否応なく対応を迫られることになります。しかし、古い部品だったり、設計者が既に引退していたり、あるいはもともとのコンセプトを調べるところからのスタートとなると、時間も手間もかかります。新製品の開発を優先すべきお客様にとっては決してポジティブな仕事といえません。
そんな状況もサポートできるのがWave Technologyの特色です。高周波、電源、アナログ/デジタルなど多方面に渡る技術やこれまでの実績を積み上げたデータベースも持っています。ゆえに、既存のスペックを超える性能やサイズダウンの提案から実装評価まで、ワンストップでスピーディに対応することができるのです。
ディスコン専任の部署をおいているわけではありませんが、分野を問わず、代替から検証までトータルに請け負えるのは弊社の特長だと言えます。

 

今後はお客様の悩みにさらに寄り添える
コンサルティングセールスを目指します

 お客様が困っている時こそが私たちの出番です。今後は、さらにコミュニケーションを深めながら、コンサルティングにも注力していきたいと考えています。
獲得したいのは労働時間に対する評価ではなく、価値に対する評価。今後も最適提案を通じてお客様に価値あるベネフィットを提供し続けられる技術者集団を目指してまいります。

WTIブログ(営業関連)
WTIの請負(受託)ビジネスの注文件数第1位は、生産中止対応(EOL、ディスコン)!
あらためて株式会社Wave Technology、略称WTIのご紹介
お客様のお言葉で”うろこ”が落ちた…
WTIの営業マンは、お客様の課題解決案内人 続きを読む

保有技術データベース

保有技術データベース

Wave Technology(WTI)が経験した技術を掲載しています。お気軽にお問合せください。

分野別検索

高周波・無線システム アナログ・デジタル回路 組み込み系ソフトウェア
機構(筺体) プリント基板 カスタム電源/パワーエレクトロニクス
固有技術開発 シミュレーション(熱・応力・電気) リバースエンジニアリング
カスタム計測システム 治工具の設計・制作 EOL(生産中止)対応

 

高周波・無線システム

10Gbps EA変調器の開発(波形評価、RF評価、チップの回路分析)
2.45GHz帯 1kW LDMOSを使用したパルス用SSPAの開発
2.45GHz帯 200W GaNを使用したSSPAユニットの開発
2.45GHz帯 200W 電力制御・通過位相制御を含めたSSPAユニットの開発
2.45GHz帯 4kW LOMOSパルス用SSPAの開発
Bip/Mos RFパワーモジュール評価 続きを読む

事例3.デジタル制御電源アイソレーション回路変更

事例3.デジタル制御電源アイソレーション回路変更

<概要>

デジタル制御電源の制御段と出力段の間に使用しているフォトカプラの生産中止に伴い、これをパルストランスに置き換えると共に出力段FETを入手が容易なデバイスへと変更する事で従来品より小型・高速化し、かつ部品供給の安定性を向上させた。

デジタル制御電源の制御段と出力段の間に使用しているフォトカプラの生産中止に伴い、これをパルストランスに置き換えると共に出力段FETを入手が容易なデバイスへと変更する事で従来品より小型・高速化し、かつ部品供給の安定性を向上させた。

 

<工期>

工期

 

全体工期:約1.8ヵ月

 

WTIブログもご覧ください
WTIの請負(受託)ビジネスの注文件数第1位は、生産中止対応(EOL、ディスコン)!
部品が買えない?製品出荷どーしよう!・・・そんなときはおまかせください!
生産中止部品の置き換えは大変です!
WTIの生産中止部品対応における見えないサービスをご紹介!
LCDの生産中止は大変です!
ガーバーデータで基板改版?
無線機の開発もお任せ下さい!
生産中止部品の置き換えは大変です!(2)A/D Converter編

社長ブログ(EOL関連)
セラミックコンデンサ(セラコン)の生産中止 大変ダー!

 

WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

カスタム計測・受託評価

カスタム計測システム・受託評価

カスタム計測システム・受託評価

「事業解散を超えて WTI カスタム計測システム事業 執念の復活劇」

 

お客様の研究開発環境で求められる機能を、オーダー・メイドの「カスタム計測システム」という形でご提供いたします。

カスタム計測システム以外にも、受託評価、データ解析ツール(ソフトウェア)作成、治具製作まで、最適なサービスを幅広くご提供しております。

開発中の製品の評価などの際には、便利な装置やソフトウェアがないことが多いものです。
最初は、複数の評価装置を使用しながら、評価項目1つ1つを順番に手作業で測定することになります。
しかし、これも開発が進むにつれてサンプル数も評価項目数も増えてきますので、評価だけで膨大な時間を要することになります。

信頼性試験や挙動監視等では、データロガーによる長時間のデータ集録が行われます。データから必要情報の抽出や情報の見える化を行うためには、膨大な時間を要し、場合によっては専任者の配置が必要になります。これらは結果として開発・評価効率の低下につながります。

そこで、『評価の自動化』や、『データ解析の自動化』が必要になります。

お客様の社内で自動計測環境やデータ解析ツールを自作するという選択肢もありますが、面倒であるばかりか、自動計測環境やデータ解析ツールを作ることがお客様側の本来の業務ではないので、自社製品の開発業務に時間を割けなくなるという問題も発生してしまいます。

また、評価を自動化しようとしても、カスタム回路が必要である等、計測器を制御するだけでは実現できないケースも多く見られます。

WTIのカスタム計測システムは、そのようなお困りのお客様のご要望をしっかりと捉え、課題を解決するための提案型サービスであることを特徴としております。

WTIでは、評価システムや解析ツールのご提案だけでなく、WTI内で必要な環境を構築して行う受託評価サービスも承っております。この他には、信頼性試験用途等で、一部標準品として販売しているシステムもございます。

お客様が具体的なアイデアをお持ちでなくても、イメージをお伝えいただくだけで、課題解決案をご提案いたします。

 

カスタム計測システム

カスタム計測システム

  • お客様の研究開発環境で求められる機能をカスタム計測という形でご提案いたします。
  • アナログ・デジタル技術を活かし、カスタムで計測環境を構築することができます。
  • お客様だけの専用設備をご提供いたします。※LabVIEW,VB,VEE等に対応

 

こんな方にオススメです

  • 治具と一体化した専用の検査機を製作したい
  • 市販計測器だけでは対応出来ない測定をしたい (ハード・ソフトを専用設計)
  • 自動計測を行いたいがプログラミングは苦手
  • 少し変わった評価をしたいが具体化のアイデアがない
  • 大量のセンサの情報を収集して設備保全に役立てたい

 

治具の設計・製作

治具の設計・製作
  • 大手半導体メーカーの設計・開発・生産に携わってきたエンジニアが対応することでお客様の立場に立った提案が可能です。
  • 電気、光学、ロボット制御等を組み合わせた構築が可能です。 続きを読む

リバースエンジニアリング

リバースエンジニアリング Plus

リバースエンジニアリング

一般的にリバースエンジニアリング(テアダウン)とは、既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品 、技術要素などを分析する手法のことを言います。この手法により、その製品に使用されている技術を分析、調査、確認することを可能とし、新製品の開発などに役立てることができるものです。

この分野でWTI にご要望いただいているお客様は、⾃動⾞・医療・⻭科・ヘルスケア・産業機器・⺠⽣機器と多岐にわたっております。

WTIのリバースエンジニアリング Plus(テアダウン)受託サービスの特長は2つあります。

  1. 「解析技術」と「回路技術」の双方を保有している会社ですので、分解して解析するところで終わることなく、設計/開発会社としての知見を生かした受託サービスをご提供できます。
    このことにより、世の中にある製品や開発品、試作品を解析して機能を推定し、お客様のご要望をくみ取った形で、新規設計や原理検証等、製品設計に近い領域のご提案まで行える国内でも珍しい設計/開発会社です。
  2. 会社設立以来、日本を代表する多くの大手企業様から、様々な技術分野の設計/開発を受託してきた経験から、高度な技術を豊富に保有しています。他社では難しいとされる製品にも対応させていただいております。

これらの特長から、WTIは以下のようなお客様のご要望に広くお応えしてきております。

  1. 市場で既に流通している製品から、新製品開発のためのアイデアを得たい。
  2. 市販品の技術トレンドを調べ、性能改善やコストダウンした製品を開発したい。
  3. 競合他社が、自分たちの技術を真似していないか、特許侵害していないかを知りたい。
  4. 自社の製品に改良を加えなければならないが、設計情報が残ってない。なんとか回路図を復元したい。
  5. 搭載部品が廃番(ディスコン/生産中止)になり、改良設計をしなければならなくなった。自社に回路図が残っていないため、リバースエンジニアリングで回路図を再現し、そこから元のプリント基板までも再現して欲しい。

上記以外にも、WTIは設計開発会社であることを生かして、お客様の様々なご事情に応じた幅広いリバースエンジニアリング(テアダウン)受託サービスをご提供いたします。また、部分的な工程を請け負うことももちろん可能です。

システム製品の回路解析から搭載モジュールの解析までの一貫業務を担当いたします。

 

Wave Technology(WTI)では次のような受託サービスをご提供いたします。

  • 回路基板の精密研磨による全配線層の撮影、回路トレース、回路図作成、ブロック図作成
  • 実装部品の取り外し、電気測定、データシートの調査、部品表(BOMリスト)の作成
  • 非破壊/破壊解析による構造調査
  • 実装モジュールの分解調査
  • 新規設計、原理検証のご提案
  • その他ご要望に応じて解析内容をご提案させて頂きます。

キーワード
ディスコン・EOL・代替検討・生産中止、リバースエンジニアリング、リバース解析
テアダウン他社品解析、先行技術調査、回路解析等の受託サービス

サンプル資料
詳細資料をご希望の方はこちら
【当ページ関連の資料タイトル】
●「リバースエンジニアリングサービス紹介」
その他お問い合わせはこちら

リバースエンジニアリング(テアダウン)受託サービス サンプル資料

外観 続きを読む

電源(パワエレ)

電源(パワエレ)

当社カスタム電源設計サービスの特長
電源設計実績(電源方式・電力別)
電源設計サービスの流れ受託/請負
電源設計実務内容
電源評価事例
カスタム電源設計事例

 

当社カスタム電源設計サービスの特長

 

お客様のご要求に応じ、カスタム電源(特殊電源)の受託設計サービスをご提供いたします。
  • 0.1W以下の小電力からkWオーダーの大電力まで幅広く対応いたします。
  • 汎用電源では対応できない、ご使用機器に合わせた形状・サイズ、カスタム入出力機能にお応えいたします。
  • 経験豊かなエンジニアがご相談を承ります。仕様や機能を決めかねておられるお客様はまずご相談ください。お客様と一緒に仕様や機能を構築いたします。
  • パワーデバイス部門、高周波デバイス部門、応力・熱シミュレーション部門など、社内のコア技術を活用することにより、難易度の高いカスタム電源の設計を可能とします。
  • 必要に応じてお客様の社内に駐在し、お客様の設計基準・開発ルールに基づいて設計を行います。 続きを読む

電気設計受託サービス

電気設計受託サービス

【製品開発のトータルコーディネートが可能】

Wave Technology(WTI)には、製品開発で必要となる全ての設計部隊(電気、機構、基板、ソフト)が揃っており、これらを一括で受託し社内で綿密に連携して設計を進めるため、デザイン、コスト、性能などを最適化した製品に仕上げることが可能です。

また、位置検出、ワイヤレス給電、信号処理、画像認識、AI など近年の製品開発でニーズの多い要素技術についても社内外のネットワークを活用し製品に組み込むことが可能です。

製品開発のトータルコーディネートが可能

【試作もスピーディーに対応】

  • 技術領域の広さと幅広い対応力から生まれるワンストップサービスで製品開発を全般的にサポートします
  • ワンストップサービスでお客様の製品開発をスピードアップします
  • 開発請負、技術派遣などお客様のご要望に応じフレキシブルに対応します

 

Wave Technology(WTI)は試作専門の製造メーカと複数のネットワークを有しております。
また、部品調達は基本的にネット通販で行うため、部品の納期に伴う試作遅れなどは発生しません。

Wave Technology(WTI)は試作専門の製造メーカと複数のネットワークを有しております。

設計段階から試作時の入手性を見据えて部品を選定するため部品の納期トラブルは発生しません。
4層基板であればプリント基板の製造から実装までおよそ2週間で対応いたします。

充実した評価設備で機能・性能を確認
電気的な検証に必要なオシロスコープ、マルチメータ、スペクトラムアナライザー、ネットワークアナライザ、恒温槽はもとより、200名規模の設計会社としては異例の電波暗室や防水試験機まで保有しており製品として求められる機能・性能を確認いたします。

電波暗室 防水試験機
電波暗室 防水試験機

電気設計受託範囲

 

●技術領域の広さと幅広い対応力から生まれるワンストップサービスで製品開発を全般的にサポートします。
●ワンストップサービスでお客様の製品開発をスピードアップします。
●開発請負、技術派遣などお客様のご要望に応じフレキシブルに対応します。

 

仕様検討 詳細設計 試作機製作 検証

システム検討
ハードウェア検討
ソフトウェア検討
仕様書作成

続きを読む

生産中止部品の置き換えは大変です!

河越みなさん、はじめまして。WTI応用機器設計部設計第二課 河越です。どうぞよろしくお願いします。

私が現在担当している業務は、製品の維持設計と呼ばれるものです。この維持設計業務の中心となるのは、生産中止部品対応(EOL対応やディスコン対応とも言います)と言うもので、製品に搭載する様々な部品が、メーカーの生産中止によって入手できなくなる事態に対して、製品性能を確保しながら代替部品に置き換えて、製品の継続生産を維持するものです。

続きを読む

お客様のお言葉で”うろこ”が落ちた…

梶原こんにちは、WTIの関東地区営業を担当しております梶原です。
思い返せば、私の営業としてのスキルは、お客様に教えていただいたといっても過言ではないかと思っております。
(お別れのブログみたいになりそうですが、まだまだこれからもWTIの営業としてサポートさせていただきますので、もう少しお付き合いをお願いいたします)

続きを読む

ひとことで回路といってもさまざまあります

片山

みなさんこんにちは。キャリア採用入社2年目の新人 片山です。
現在は応用機器設計部設計第二課で無線機関連のEOL業務に従事しています。
元々、半導体テスターのH/W開発業務に長年携わり、そこを退職後2年ほど基板製造の会社に勤めていましたが、どうしても回路設計の仕事がしたい・・・と言う思いからWTIに入社しました。

続きを読む

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.