Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

オンデマンド講座 ~ Mr.Smithで学ぶインピーダンスマッチングの基礎~

講座概要

オンデマンド講座 ~ Mr.Smithで学ぶインピーダンスマッチングの基礎~

オンデマンド講座 「Mr.Smithで学ぶインピーダンスマッチングの基礎」をご用意いたしました。

 
受講時間6時間でスミスチャートアプリ(Mr.Smith)を使って
簡単な整合回路設計ができるようになります!
 

 

高周波アナログ回路に関心のある方、高周波回路設計を始めた/始めようとしている方など、高周波の初心者を対象に、高周波回路設計を理解する上で必要なスミスチャートを使ったインピーダンスマッチングの基礎的事項を学んでいただける講座です。
本講座を申し込まれた方には、シェアウェア版Mr.Smithを無償で進呈いたします。
 
講師はスミスチャートアプリのMr.Smithを作成した濱田 倫一氏です。
>>>講師(濱田 倫一氏)のプロフィールはこちら<<<

 

本講座のねらい

本講座では以下をテーマに、受講者の皆さんが教科書や専門書を読んで自力でスキルアップするための基礎知識を習得することができます。

  • 高周波回路とは何かを理解できます。
  • インピーダンスマッチングを理解できます。
  • Mr.Smithを用いて簡単な整合回路設計ができるようになります。

プログラム

1. 最初に覚えてほしいこと
 1.1 問題提起
 1.2 周波数と波長の呼称
 1.3 電力と電圧のデシベル
 1.4 電力利得と電圧利得
2. インピーダンスマッチングとは何か
 2.1 インピーダンスにもいろいろある
 2.2 インピーダンスマッチングの目的
 2.3 インピーダンスマッチングの条件
 2.4 インピーダンスマッチング回路とは・・・
3. 伝送線路とスミスチャート
 3.1 電流の流れる早さは亀より遅い?
 3.2 交流電流の伝わり方
 3.3 負荷抵抗と反射係数の関係
 3.4 反射係数とスムシチャート
4. スミスチャートの使い方
 4.1 インピーダンスチャート
 4.2 アドミッタンスチャート
 4.3 直列接続の軌跡
 4.4 並列接続の軌跡
 4.5 複合接続
 4.6 インピーダンス変換回路の基本
5. 伝送線路とインピーダンス
 5.1 電源と負荷の距離問題
 5.2 電圧定在波とVSWR
 5.3 スタブ線路
 5.4 結局・・・伝送線路とは何か
6. Sパラメータとトランジスタ
 6.1 Sパラメータとは
 6.2 S2Pファイル
 6.3 トランジスタのSパラメータ
 6.4 増幅回路の簡易設計
7. まとめ
 
講座の内容を簡単に紹介したダイジェスト版動画を制作致しましたので、ご覧ください。


  • 動画視聴時間: 約6時間
  • 受講料: 50,000円

 

受講対象

  • 高周波アナログ回路に興味のある方
  • 高周波回路設計を始めた方/始めようとしている方
  • 高周波の初心者の方

 

~ Mr.Smithで学ぶインピーダンスマッチングの基礎~ のメリット

<メリット1> 
高周波とは何かを理解できます

アナログ回路の中でも「高周波回路」が別くくりにされる理由と、設計に際してどのような考え方が必要なのかを理解していただけます。

 <メリット2> 
インピーダンスマッチングに対する理解を深めることができます

「なぜ、高周波回路ではインピーダンスマッチングにうるさいのか」を理解したうえで、スミスチャートのいろいろな使い方とインピーダンスマッチングの基礎から応用まで学んでいただきます。

 <メリット3> 
スミスチャートアプリ(Mr.Smith)を用いて簡単な整合回路設計ができるようになります

講座にお申し込みをされた方はシェアウェア版Mr.Smithを無料でお使いいただける特典をご用意しました!。そのMr.Smithを使って、高周波増幅器の簡易的な設計について学んでいただきます。

お申込みはこちら

 

WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 © 2005 Wave Technology Inc.