Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

技術講座を自宅で受講! ~オンデマンド講座/ライブ配信講座のご紹介~

みなさんこんにちは。テクノシェルパ営業担当の奥田です。

テクノシェルパとは、私たちWTIがご提供する、技術コンサルティングおよび技術者教育サービスのブランド名です。

今日はテクノシェルパの技術者教育サービスに新しく追加されたラインナップについてご紹介したいと思います。

続きを読む

JEDEC規格トレイとは?

こんにちは。テクノシェルパ技術コンサルタントの今村です。

半導体ICのパッケージは、鉄や銅系のリードフレームを用いたSOP*、QFP*などの他に、インターポーザ基板を用いたBGA*など多種多様な外形形状の半導体ICパッケージが用途ごとに開発されています。
製品の安全な取り扱い、運搬・保管には、半導体IC専用のトレイの適用が一般的です。JEDEC*規格に準拠したトレイはJEDEC規格トレイと呼ばれ、パッケージの種類・サイズごとにラインナップがあります。

続きを読む

LED点灯回路は意外と簡単!だけど意外と広く奥深い!?

みなさんこんにちは。
テクノシェルパ技術コンサルタントの森です。

Wave Technologyでは、実践的な技術者教育のノウハウを盛り込んだ技術講座をサービスブランド『テクノシェルパ』としてご提供しています。ご提供メニューの一つである 『電子回路の基礎講座PLUS(二日間コース)』では、半導体を用いた基本回路であるLEDの点灯回路についても学んでいただくことができます。

今回は、このLED点灯回路についてご紹介させていただきます。

続きを読む

Oリングによる防水性を数値で示す!

こんにちは。テクノシェルパ技術コンサルタントの竹森です。

防水設計のOリング圧縮に関して、

  • 3D-CADによる設計だけではOリングが均一に圧縮されているかを検証できない
  • 社内のデザインレビュー等で設計の妥当性を説明できない

というご相談が多いため、今回はOリングを用いた防水設計での確認手法の一例を説明します。

続きを読む

スミスチャートとは? ~きちんと知ると便利です~(その4)

みなさん こんにちは。テクノシェルパ技術コンサルタントの河野です。

かなり時間が経ってしまいましたが前回のブログ・スミスチャートとは? ~きちんと知ると便利です~(その3)ではコンデンサとコイルを使ってイミッタンスチャート上で、あるインピーダンスを所望のインピーダンスへ移動することをご説明いたしました。いわゆる集中定数回路でのインピーダンス変換でした。今回はマイクロストリップ線路によるインピーダンス変換をスミスチャート上でご説明いたします。

続きを読む

ノイズ対策の落とし穴で迷子にならないためには?

みなさんこんにちは。テクノシェルパサービスを提供するWave Technologyの長尾です。

ノイズ対策で試作品の分解→対策改造→再組立→測定・評価を繰り返すなかで、エミッションレベルが著しく悪化し、最初の状態に戻してもエミッションレベルが再現できなくなることがあったりしませんか?

続きを読む

屋内位置検知はセンシング技術がポイント。ミリ波レーダーで移動量を検出しよう!

みなさんこんにちは。テクノシェルパ技術コンサルタントの赤谷です。

昨今、新型コロナウィルスによる外出自粛が続く中、ネット通販があって助かった~って方も多いのではないでしょうか?私も、某ネット通販が無ければ、今の生活が考えられないほど、自身のライフスタイルに定着しております。

最近のネット通販では、注文した翌日にモノが届くなど、通販のネガティブな要素が最小化され、リアルなお買い物に近い感覚になっているから驚きますよね。(しかも大抵安い!)

続きを読む

EMC測定ではこんなことに注意しましょう!

テクノシェルパ技術コンサルタントの原田です。

EMCの話題となると、世間一般の関心はどうしてもEMC対策や規格の動向に集中してしまうようです。

しかし、EMC評価の基本となるのは測定であることは言うまでもありません。測定値に影響を与える因子は数多くあり、正しく測定するためには、規格書に書かれている内容以外にも、さまざまなノウハウが必要になります。

このため、今回はEMCの測定に関する注意点を少しご紹介したく思います。

続きを読む

SoCとDDRメモリの協調設計とは?

こんにちは。テクノシェルパ技術コンサルタントの今村です。

近年、先進運転支援システム(ADAS)や自動運転機能の採用により、車載機器に使われるメモリも変化してきています。
従来のアナログメータからデジタルディスプレイへの変化、車載カメラ画像や各種センサからの膨大なデータを処理することからメモリ容量が確保でき、高速処理が可能なDDRメモリの採用が必要になっています。

続きを読む

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.