Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

環境情報

基本理念
人類地球の持続可能な発展のために、全ての事業活動及び従業員行動を通じ、豊かな地球環境の保全と継続的向上に努めます。
環境標語 ・・・ 環境経営で未来をカタチに!

ISO認証取得

ISO14001 2009年3月 JACO(日本環境認証機構)より
ISO14001の認証を受けました。
※認証取得範囲対象外:東京事業所

環境マネジメントプログラム

Wave Technology の環境への取組みを紹介します
環境マネジメントプログラム

  • 省エネルギーの推進、CO2排出量の削減
  • 環境配慮製品供給体制の充実
  • 環境パフォーマンスの向上
  • 3Rの推進
  • 自社オリジナル目標
    (エコキャップ回収活動)

 

当社独自の取り組み

環境への当社独自の取り組み
当社独自の取り組みをご紹介します。

給与封筒の再利用

給与封筒の再利用当社では給与・賞与の明細表を入れる市販封筒の再利用を行っています。社員には明細表を抜き取った封筒をゴミとして捨てることなく、専用の回収ボックスに投函するよう促し、また回収した封筒は繰り返し再利用し、省資源化に努めています。 ちなみに本活動はISO14001認証取得の遥か以前から自発的に行っており、回収率は常に90%に近く、当社のささやかなECO活動としてすっかり定着しています。

 

ペットボトルキャップ・使い捨てコンタクトレンズの空きケース回収活動

 

廃棄焼却時のCO2削減を目的に、2012年度からペットボトルキャップの回収を、2018年からは使い捨てコンタクトレンズの空きケースの回収を始めました。
社内で購入したペットボトル飲料のキャップはもちろん、社員の自宅からの持ち込み回収も積極的に実施しています。
回収後はリサイクル業者へ送付し、再資源として利用されます。
エコキャップは破砕され、ボールペンやバイクのフェンダーなどのリサイクル製品に生まれ変わります。エコキャップ回収活動を通じて環境保護への理解を広げ、持続可能な社会を実現するために今後も寄与してまいります。

 

☆これまでの回収量とCO2削減量

① ペットボトルキャップの回収実績
   累計:275.1kg 個数換算⇒118,577個 CO2削減量換算⇒806.04kg-CO2

② 使い捨てコンタクトレンズの空きケースの回収実績
   累計:2.6kg  個数換算⇒2,364個  CO2削減量換算⇒7.2kg-CO2

20223月末時点においての実績です。それぞれの回収実績(kg)を基に、

 ①:キャップ1個当たりの重さ=2.32g1gあたりのCO2削減量=2.93g

 ②:空きケース1個当たりの重さ=1.1g1gあたりのCO2削減量=2.77g

と仮定したうえで、個数換算及びCO2削減量換算をしています。
1人の人が呼吸で吐き出すCO2は年間320キログラム、スギ23本分の年間吸収量に相当します。

 

 © 2005 Wave Technology Inc.