Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

パワーエレクトロニクス講座

パワーデバイスの基礎、インバータの基礎(座学+実験)】

講座概要

パワーエレクトロニクス講座

WTIのパワーエレクトロニクス講座では、以下の2つの講座をセットにした3日コースをご用意いたしました。どちらかを選択して受講することも可能です。

(1)パワーデバイスの基礎 (1日コース)
パワーエレクトロニクス技術分野の実務を従事する上で必要なパワーデバイスの基本機能と動作原理が学べます。パワーMOSFETやIGBTの高耐圧の仕組み、データシートの読み方のポイントをわかりやすくご説明いたします。

(2)インバータの基礎(座学+実験) (2日コース)
パワーエレクトロニクス分野の中核技術であるインバータの基礎が学べます。インバータの制御はソフトウェアで行うことが主流ですが、最終的にはハードウェアで制御されます。これを理解しておくことはより良いソフトウェア制御を行う上でも重要です。本講座では全てハードウェアで構成した単相インバータ回路を題材に、主要回路ブロックごとに座学と実験をショートスパンで学習しながら理解を深めていただけます。

各章の講座後に確認テストをご用意しており、確認テスト後に解答を解説いたします。そのため講座で学んだ内容を復習しながら理解できるプログラム構成となっております。

“インバータの基礎”では、インバータ実験回路を使ってブロックごとのインバータ動作が確認でき、より理解しやすい内容となっております。

講座+確認テスト 単相インバータ 実験確認

受講対象

  • パワーエレクトロニクス技術の基礎を学びたい方
  • インバータの基礎を学びたい方

 

開催概要、お申込み

募集中のコース一覧 :
受講ご希望の方は、表の 受付中 をクリックして、必要事項をご記入の上、お申込みをお願いいたします。
法人のお客様限定といたします。

受付終了のコースは、受付を終了いたしました。次回開催時のご参加をお待ちしております。

開催月

コース

日程

講座名

受講料(税抜)

お申込み

9

3日コース

2019/9/25~27

パワーデバイスの基礎
インバータの基礎

150,000

受付終了

2日コース

2019/9/26~27

インバータの基礎

100,000

受付終了

1日コース

2019/9/25

パワーデバイスの基礎

50,000

受付終了

10

3日コース

2019/10/28~30

パワーデバイスの基礎
インバータの基礎

150,000

受付中

2日コース

2019/10/29~30

インバータの基礎

100,000

受付中

1日コース

2019/10/28

パワーデバイスの基礎

50,000

受付中

定員  : 12名(3日コース&2日コース)、 30名(1日コース)
定員になり次第締め切ります。

会場  : 株式会社Wave Technology 本社ビル1F 研修室
( 住所 兵庫県川西市久代3丁目13-21 、 電話番号 072-758-5811(代) )

【交通機関】

◆阪急伊丹駅またはJR伊丹駅下車 阪急バス「阪急川西能勢口行」 または 伊丹市バス「山本団地行」 乗車のうえ「自衛隊病院前」下車、徒歩2分

◆阪急川西能勢口駅下車 阪急バス「阪急伊丹行」乗車のうえ「自衛隊病院前」下車、徒歩2分

◆JR北伊丹駅から徒歩約25分(路線バス・タクシーなし)

◆大阪空港から車(タクシー)で約15分

 

 

プログラム

講座名 日程 講座内容
パワーエレクトロニクス講座
(3日コース)
パワーデバイスの基礎
(1日コース)
講座1日目
10:0017:00
1 パワーデバイスの基本機能と動作原理
1.1 パワーデバイスとすみわけ
1.2 ダイオード
1.3 MOSFETIGBTの基本機能・動作原理

<確認テスト>

1.4 MOSFETIGBTの諸特性

<確認テスト>

1.5 SiCデバイスの物性とパワーデバイスと
しての優位点

<確認テスト>
インバータの基礎
(2日コース)
講座2日目
10:0017:00
2 電力制御
2.1 インバータの原理
2.2 インバータの制御回路
2.2.1 PWM回路と動作実験
    <確認テスト>
2.2.2 デッドタイム回路と動作実験
    <確認テスト>
講座3日目
10:0017:00
2.2.3 ゲートドライブ回路と動作実験
    <確認テスト>
2.3インバータ主回路部の動作実験
2.4三相インバータの原理
    <確認テスト>
  • 上記は3日コース(パワーデバイスの基礎とインバータの基礎)の場合です(受講料\150,000[税抜])。
  • 1日コース(パワーデバイスの基礎のみ)は講座1日目のみの受講となります(受講料\50,000[税抜])。
  • 2日コース(インバータの基礎のみ)は講座2日目と3日目の受講となります(受講料\100,000[税抜])。

 

WTIのパワーエレクトロニクス講座のメリット

<メリット1> 
講座内で復習でき、理解が深まります!
WTIのパワーエレクトロニクス講座では、ポイントでの演習問題と単元ごとの確認テストをご用意しており、その場で解答を解説いたします。
そのため講座で学んだ内容をその場で復習でき、理解が深まります。
(対象講座:パワーデバイスの基礎、インバータの基礎)
<メリット1>  講座内で復習でき、理解が深まります!
<メリット2> 
インバータの原理・動作が理解できる!
WTIのインバータ講座の最大の特徴は、計測器と実験回路を使って実験を行うことです。
初心者の方でもわかりやすいように、主要回路のブロック毎に、座学による解説と、実験回路を使って動作確認を行うことで理解を深めていただけます。
(対象講座:インバータの基礎)
<メリット2>  インバータの原理・動作が理解できる!
<メリット3> 
データシートのポイントが理解できる!
パワーエレクトロニクスを設計する上でデバイスを選定するにはデータシートから性能や特性を読み解く必要があります。
本講座ではパワーデバイスのデータシートの内容を解説し、主要特性項目の意味をわかりやすく説明いたします。
(対象講座:パワーデバイスの基礎)
<メリット3>  データシートのポイントが理解できる!
<メリット4> 
パワーデバイスの構造・動作が理解できる! 
パワーデバイスの高耐圧のしくみ、縦構造、動作原理をわかりやすく解説いたします。
文献を読んで理解しにくい方にとっても、パワーデバイスの構造と動作が理解できる内容となっております。
(対象講座:パワーデバイスの基礎)
<メリット4>  パワーデバイスの構造・動作が理解できる! 

【関連リンク】

パワーモジュール評価サービス
電源(パワエレ)
カーブトレーサ自動測定システム
パワーサイクル試験
技術者教育サービス

WTIブログもご覧ください

パワー半導体の評価は安全が第一
SiCデバイスを使って電源を高効率化してみました
電源設計技術者が見つからない時代 だから自社で育成する!
パワーエレクトロニクスって、どういうもの?
いまさらなんですが、SiCって何がいいのでしょうか?

WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.