Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

えっ? 本当に量産無しの設計受託をやっていただけるんですか?!

「えっ? 本当に量産無しの設計受託をやっていただけるんですか?!」

当社のことを初めてお知りになったお客様が、驚きと喜びをもって仰るのがこの言葉なんです。

そして、実はこれが当社に開発設計のご依頼をされるお客様から頻繁に伺う「あるある話」なのです。

続きを読む

技術講座を受けたら、設計できるようになるのか?

技術は日進月歩で進化していますので、その進化の速度に合わせて自社保有技術も進化させていくことが必要です。

研究開発費が潤沢で社内教育のしくみもしっかりされている企業様でしたら社内で対応されると思いますが、それ以外の選択肢としては、社外から技術を導入するということがあります。

そこで、「自社の技術者に技術講座を受けに行かそうか」という検討を行うことになります。

続きを読む

「ウチの技術者にエレクトロニクスを学ばせたい!」

非エレクトロニクスの機械系のメーカ様から「自社エンジニアにパワーエレクトロニクスの技術を学ばせたい」という引き合いをいただくことがございます。

機械系の技術は得意でも、その機械を動かす電子回路(パワーエレクトロニクス)の専門性が薄いため、講義や実験で実践的な技術を身に付けさせたいということなのです。

続きを読む

自社技術を空洞化させないために

設計アウトソースを躊躇されるメーカ様に理由を伺うと、「自社の技術が空洞化するから」というお答えが返ってくることがあります。

自社のコア技術を社外に依存すると、将来の進展が心配というものです。

これは、技術の分野の業務を行う立場から、よく理解できます。

続きを読む

テクノシェルパにいただく「ご要望」とは

3月7日にプレスリリースを行い新聞に取り上げられてから、いろいろなお問合せを頂戴しております。

1.既に位置検出技術は自社で保有している。

しかし、現状の位置検出精度には不満がある。もっと精度の高い、例えば数cmレベルの精度が欲しい。

続きを読む

テクノシェルパが挑む3つの社会的課題

テクノシェルパを提供する株式会社Wave Technologyの社長 石川です。

今回は、テクノシェルパが社会に対して3つのレベルでお役に立てるということをお話しします。

その3つのレベルとは、「国」、「企業」、「個人」です。

これらを順番に見ていきましょう。

続きを読む

IoTは3つに分けて理解する

IoTには興味もあるし、いずれ自社製品やサービスに取り入れたいとは思っていても、世の中の情報があり過ぎて、かえって全体像がどうなっていて、このニュースはどの部分のことをレポートしているのか、いまひとつ掴みにくいと感じられたことはないでしょうか。

そういう場合にお奨めなのは、「3つに分けて理解する」ということです。

続きを読む

テクノシェルパの技術者教育

テクノシェルパは、技術者教育と技術コンサルを組み合わせた、顧客企業の中にIoTのプロ設計者を育成するプロジェクトです。

技術者教育と技術コンサルは別々にご提供することもできます。

技術者教育の場合、エレクトロニクス系の企業様で、弊社WTIに設計をご依頼される際、「コアとなる技術領域を他社に委ねてしまうのは将来が不安である。自社の社員に当該技術を教育することも合わせてお願いしたい」と、ご要望いただくことも少なからずございます。

続きを読む

学生と社会人の違いとは

9月10日付けの当ブログで、当社にインターンでいらっしゃった学生さんとの会話内容を少しご紹介しました。

学生さんからも私にご質問をいただくこともありますので、そのご質問に対して私がどのようにお答えしているかの例をご紹介したいと思います。

今日は「学生と社会人で最も大きく違う点は何ですか?」のご質問への回答です。

続きを読む

テクノシェルパが提供する位置情報検出技術とは

テクノシェルパを提供する株式会社Wave Technologyの社長の石川です。

「自律走行」を実現するためには不可欠な、テクノシェルパが提供する「位置情報検知」技術についてお話します。

「自律走行」の一例を挙げますと、倉庫で荷物を搬送するフォークリフト。

続きを読む

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.