Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

建設現場、橋梁、斜面異常検知などで威力を発揮するIoT傾斜センサー

この動画は、傾きを検知して無線で検知データを送るIoT傾斜センサーのデモです。

 

 

 

 

IoT傾斜センサーは、どういったところに使われているのでしょうか。

いくつか例を挙げてみましょう。

① 建設現場の安全確保

建設現場では足場を組んで作業を行います。この足場に異常があることに気づかずに作業を続けると危険が伴いますので、異常を検知していち早く知らせることが重要です。IoT傾斜センサーを使いますと、足場のわずかな傾きを察知し通知することができますので、迅速な対処を行うことができます。

② 橋梁の劣化監視

建設後数十年も経ちますと老朽化などで劣化し、傾きが出てくる可能性があります。橋脚や橋台の傾きをIoT傾斜センサーで監視することで、異常を早期に検知することができます。

③ 斜面の土砂崩れ監視

土砂崩れへの警戒のために、切り立った斜面などにIoT傾斜センサーを配置しておくことで、ズレを検知し予防措置を講じることができます。これにより、土砂崩れによる災害を抑止することに繋がります。

これ以外にも車の盗難防止や設備保全など広く応用ができそうです。

次に、IoT傾斜センサーがどういうものか見ていきましょう。

構成するコンポーネントには以下のものが含まれます。

  • 傾斜センサー
  • ゲートウェイ
  • ゲートウェイ用ACアダプター
  • 管理用端末(スマホ、タブレットなど)

これらが連携動作することで、傾きを検出してゲートウェイからスマホなどへ傾きデータを送り、リアルタイムで表示します。

実は、それぞれのコンポーネントやソフトウェアはカスタマイズすることもできます。
例えば、センサー、ファームウェア、通信モジュール、ケース、管理ソフトウェアなどを用途に合わせて変更することが可能です。

【IoT関連記事】

IoTに関する開発設計の詳細はこちらでご覧になれます。
⇒ ソフトウェア開発受託サービス

 

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.