Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ

IoT化のお手伝い-ワンストップでアイデアを形にします

みなさん、こんにちは。
株式会社 Wave Technology ソフトウェア設計課の白子です。

IoT「モノのインターネット」というキーワードがいよいよ一般化してきましたが、実際どのような用途でIoTが実現されつつあるか具体的なイメージをお持ちでしょうか。CMなどでも頻繁に見かけるようになったスマートスピーカーによる家電製品のネット化などもその一つと言えるかもしれませんが、そういった新しいものを積極的に日常生活に取り込もうという方々だけにとどまらず、IoT化の波は皆さんの周りにも浸透しつつあります。

例えばガスメーターや水道メーターの検針のIoT化や宅配着荷通知、子供・お年寄りの見守りサービスなどは身近な例でしょう。このブログをご覧頂いている皆さんは、「そんなもの今頃言われなくても」とお思いの方が大半ではないかと思いますが、では実際にそれらを実現するために必要な手順についてはいかがでしょうか。

IoT化とは今まで通信機能を持たなかった「モノ」をネットに接続して構成されるシステムを指しますが、それを実現するには「モノ」をエッジデバイスに仕立てたり、環境を計測、検知したりするのに必要となるセンサー技術や、検出したデータをサーバーへ中継するためのゲートウェイ、通信技術などの開発が必要になります。これらについては部品、開発環境、クラウドIoTサービスなどとして販売されているためアイデアを実現する間口は圧倒的に広がっています。

 

『 原理検証までは比較的容易に辿りつけるけど・・・ 』

 

では、もう一歩進んで製品化を具体的に進めようというフェーズになった場合はどうでしょう。

設定したスケジュールに沿ってエッジデバイスや通信モジュールの回路設計、ファームウェアやソフトウェアの設計、筐体の設計、通信特性の最適化、試作、動作検証などを滞りなく、あるいは発生する様々な想定外の課題に対処しながらスムーズに連携させて進めるのにはなかなかの困難を伴います。例えば、実際に試作してみると検証したとおりに動作してくれなかったので、回路や基板を変更した。それに伴い筐体の設計も見直しが必要になった。となると、とても当初のスケジュールには間に合わない・・・

よくある話です。

出典:KCCSの資料を基に作成

『 ハード・ソフト・基板・筐体・通信設計/試作/検証をワンストップで! 』

 

そんな事態に備え、我々Wave Technologyは最適なソリューションを提供できます。

回路設計、基板設計、ソフトウェア設計、構造設計、通信設計から試作までIoT機器の開発に必要となる技術の専門家を擁し、ワンストップで開発のお手伝いができる体制を整えていますので、技術分野の異なる開発工程間の連携を全て社内で完結させることによって速やかに量産化に向けた準備を進めることができます。
その他にも測定系の自動化や、ファームウェアによってハードウェア制御を行うような組み込み機器開発、電源設計なども得意分野であり、これまでに培った技術や経験に基づく最適化のご提案が可能です。

アイデアは有るのにどうやって製品に仕上げようかとお悩みでしたら、是非一度当社へご相談ください。

【関連リンク】

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.