Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

WTIキャラクターのご紹介

WTIキャラクターのご紹介

WTIは、半導体や電子機器の開発設計という少々固いビジネスなので、なんとか少しでも柔らかい印象をもって自社のことをお伝えできないものかと考え、このたび当社の保有技術内容などを象徴的に、かつ親しみやすく表現するキャラクター群を設定しましたので、ご紹介いたします。
このキャラクターたちは、これから電子回路設計 ヒントPLUS☆や、当社PR資料などで活躍していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

メインキャラクター

名称:なみりん
WTIへ入社を希望する感受性豊かで、好奇心旺盛な女子。
WTIに憧れるあまり、まずは形から入るべく、ありとあらゆるWTIの保有技術を身にまとう。
しかし技術力は初歩。
相棒「ペロ」(ペットロボット)とともに、技術習得に日々勤しんでいる。

【誕生ストーリー】

なみりんはWTIの入社を希望するもあえなく不合格。
入社を切望するなみりんの熱意に心を動かされたドクは、WTIで完成したばかりのペットロボット「ペロ」をなみりんの相棒としてプレゼントする。
これからは、ペロと一緒に技術の習得だ!と勉強に燃えるなみりん。いつしかWTIの社員になることを夢見て♪


①「電気設計」をWTI模様の抵抗とコンデンサの回路図で表現
②「電源」を電源マークで表現
③「機構」をノギスで表現
④「リバースエンジニアリング」をスケルトン腕時計で表現
⑤「シミュレーション」を温度、応力分布の色で表現
⑥「高周波・無線」をWi-Fiシンボルで表現
⑦「パッケージ・基板」をLSIパッケージのフレームで表現
⑧「ソフトウェア」をデジタル模様で表現 続きを読む

半導体パッケージの実装信頼性評価に向けて ~破断個所を特定するデイジーチェーンサンプル~

みなさんこんにちは。WTI構造技術課の松前です。

半導体パッケージの実装技術、および実装信頼性技術の開発に携わっています。主にBGAと呼ばれるタイプのパッケージが対象です。
(半導体パッケージについてはこちら、パッケージの種類についてはこちらのブログ記事をご参照ください)

今回のブログでは半導体パッケージの実装信頼性評価に使われるデイジーチェーンサンプルについてお話しさせていただきます。

続きを読む

「技術営業」の求人情報

「技術営業」の求人情報

求人職種

技術営業職

採用人数

1名

採用背景

お客様対応を強化するため、ハードウェア・ソフトウェア技術の提案ができる即戦力を募集します。勤務開始予定日は即日(応相談)です。

お任せしたいこと(具体的な仕事内容)

◆新規顧客・既存顧客への訪問
・開発内容のヒアリング
・顧客の課題抽出
・見積作成 など

※社員からのひとこと
 営業部 ソリューション営業課 3年目 33歳
「製品を売る営業ではなく、当社のもつ技術でお客様の課題を解決できるように営業活動をしています。技術部門から出てくる提案をベースにお客様の課題を解決することで喜んでいただいています。なんでも相談できる職場環境にもとても満足しています。」

仕事のやりがい

当社の事業は高周波・無線、電機設計、機構(筐体)、電源、ワイヤレス、解析、リバースエンジニアリング、カスタム計測、組込みソフトウェア開発など多岐にわたります。技術者は仕様の検討から設計、試作品の製作、評価、そして技術的なコンサルティングまで対応することができます。

そのような当社での技術営業の仕事は、お客様と技術者をつなぐ窓口となり、技術による課題解決を実現まで導くことです。難しいお客様のご要望でも、当社の技術で出きるかを考え創り出す面白さがあります。また、確かな技術力と実績があるからこそユニークでチャレンジングな依頼が数多く舞い込んできます。技術にこだわる営業がしたい方にはやりがいのある環境だと言えます。

⇒ WTIブログ(営業関連)

雇用形態

正社員

対象者

法人営業もしくはエンジニアの経験者、技術営業職の経験者は特に歓迎します。

【具体的には】

  • 当社の技術領域(高周波、アナログ・デジタル、電源、筐体、解析、組込みソフト設計など)に関する経験・知識をお持ちの方
  • コミュニケーション能力の高い方
  • 技術によるソリューション提案営業に興味のある方

学歴

専門・大学(院)卒 続きを読む

IoTは3つに分けて理解する

IoTには興味もあるし、いずれ自社製品やサービスに取り入れたいとは思っていても、世の中の情報があり過ぎて、かえって全体像がどうなっていて、このニュースはどの部分のことをレポートしているのか、いまひとつ掴みにくいと感じられたことはないでしょうか。

そういう場合にお奨めなのは、「3つに分けて理解する」ということです。

続きを読む

EOL(生産中止部品)対応 インサイドストーリー

WTIブログでも、時折触れてきています、EOL(生産中止部品)対応ですが、先月、インサイドストーリーをアップしました。

当社で実際に経験したEOL(生産中止部品)対応の再設計案件の話がストーリー形式で書いてあるんです。

ちょっとだけ内容を紹介させていただきますね。詳しくは上記リンクを是非ご覧ください。

続きを読む

マンガでWTI!「執念の復活劇」で採用開始

以前、WTIのWEBページにマンガを取り入れるお話をしました。
当社としてマンガを使うのは初めてのことですので、当社の会社説明パンフレットに載せて、お客様の反応を確認しているところなのです。

ありがたいことに、これまでのところ、多くの方々に面白がっていただいたり、興味を持っていただいたり、とまずまずの滑り出しです。

続きを読む

インサイドストーリー ~日陰者の「評価」が、花形の「設計」を明るくする~

インサイドストーリー ~日陰者の「評価」が、花形の「設計」を明るくする~

「開発設計」は、エンジニアの業務の中でも花形のイメージがあるもの。
一方、開発品の「評価」については、どうでしょうか?

矢野「評価」は設計業務を行うために、言わば仕方なく行う日陰的な業務のイメージがあり、日陰であるが故にあまり見向きもされず、もっと正確に測ろう、もっと効率よく計ろうなど、改善に向けた動きがあまりなされていない分野なのかもしれません。

しかしこの日陰者の「評価」こそが、花形の「開発設計」をより輝かせる鍵を握っているのです。

このことにいち早く気付き、一度は事業が消滅するも奇跡の復活を果たしたWTIの「カスタム計測システム事業復活」の物語をお楽しみください。


矢野部長 奇跡の復活劇

「事業解散を超えて WTIカスタム計測システム事業 執念の復活劇」

事業解散リーマンショックの余波が世界経済を揺るがす最中のある日、WTI社内では重苦しい空気の中、組織変更が議論されていた。その会議では、それまで矢野が担当していた「カスタム計測システム事業」を解散することが会社として正式に決定された。

矢野は「カスタム計測システム事業」に対して漠然とした将来性を感じてはいたものの、将来のビジネスの進展を定量的に明言することは難しく、悔しい思いと後ろ髪を引かれる思いを残しながらも、この会社の決定にただただ従うしかなかった。

「でも、絶対この事業はお客様の役に立つはずだ。いつか必ず復活してみせる」と矢野は密かに心に誓っていた。

ある日のこと、会社の同僚から相談を持ちかけられた。

「お客様が、当社が提出した熱シミュレーション結果がお客様の測定値と合わないとおっしゃるんですよ。ウチのシミュレーション結果には絶対の自信があります。当社独自の高精度シミュレーション技術がありますし、これまでも多くのお客様から精度の高さを褒めていただいています。」

頭フル回転モード人から頼られるとつい何とかしてあげたいとの思いがフツフツと沸きあがるのが矢野という男。即、頭がフル回転モードに入った。
いつものことだが、彼はエレクトロニクスの設計者としての技術・ノウハウを駆使して、原理原則に立ち返り、根本原因を探し出し、解決に繋がる深いレベルで対策を打つのが真骨頂だ。

このとき矢野は、お客様の温度測定の方法に問題点があることをいち早く見出し、温度センサ部を含め最適な計測システムをご提案した。その結果、シミュレーション結果とピタリと一致する実測結果を得ることができた。そして、件のお客様に大いにご満足をいただけたのだった。

この一連の対策を行い、ほっと安堵の胸を下ろした矢野は思った。
「カスタム計測の真骨頂、ここに見つけたり!」

「お客様の仕事は新製品を開発設計することだ。だから、開発品を評価するという業務は言わば『仕方なく行う日陰業務』。だから、測定精度が充分ではなくても、自動化がされていなくても、それを問題として対応することがお客様にとっては難しいことなんだ」

「電子機器/回路の設計を含めエレクトロニクスの専門家集団であるWTIエンジニアなら、どのように評価すべきかを根本的なレベルから考えられる。そしてそれを実現するために、ハードウェアとソフトウェア技術を駆使し、最適なカスタマイズした計測システムをご提案することで、お客様のお困り事を解消して差し上げられる! これだー!」

このことに気付いた矢野は、その後、エレクトロニクスの専門家の知見を余すことなく発揮し、次々とお客様の製品評価の問題を解決していった。このようなことが続いたことで、ついに会社もこの事業の将来性を認めざるを得なくなった。

現在、矢野はその事業を柱とする部の部長を務めている。

時折、あの頃を振り返り、このビジネスを作り上げるきっかけを作っていただいたお客様と、惜しみない協力をしてくれた同僚への感謝の念がこみ上げてくる。

「さぁ、また1つ評価の問題を解決したぞ。 次のお困りのお客様はどこだ? すぐにお助けに行きますよ!」と、こぶしを握りながら矢野はつぶやいた。

 

サイト内リンク

詳細資料をご希望の方はこちら
【当ページ関連の資料タイトル】
●「カスタム計測・試験環境構築・受託評価のサービス紹介」
●「導体抵抗自動モニタリングシステム取り扱いマニュアル」

続きを読む

データ自動解析で「働き方改革」はいかがですか?

みなさんこんにちは。WTI応用機器設計第二部 部長の矢野です。

近年、当社にも人手不足や生産性の向上といった働き方改革を背景としたお問い合わせが増えてきております。今回は、最近取り組んだデータ自動解析の事例を紹介します。

続きを読む

IoT時代の開発者が知っておくべき組込みセキュリティ対策とは? PartⅡ

みなさん、こんにちは。ソフトウエア設計課の藤岡です。

前回は、IoT組込み機器の急増とともにIoTエンドポイントとなる組込み機器にセキュリティの脅威が迫っており、セキュリティ対策は待った無しの状況になっていることと、その一方で開発技術者の不足が深刻になっていることをお話ししました。

続きを読む

技術者不足の時代 ~単純作業を自動化しよう~

 

「人手不足を感じている職種(日本)」の1位は「エンジニア(機械・電気・土木)」であるとのニュースがあります。
https://news.mynavi.jp/article/20161019-a381/

確かに、弊社のお客様からもよく伺う話で、弊社に開発設計のご依頼をいただく理由の1つがまさにこれです。

人手不足解消のご依頼の中でも、当社ならではの少しユニークなサービスが、「カスタム計測システム」なんです。

続きを読む

 © 2005 Wave Technology Inc.