Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

#064 EMI対策 ~伝送線路6(ダンピング抵抗1)~

今回は、ダンピング抵抗のお話です。

前回はレシーバ入力端のオーバーシュートとアンダーシュートを抑制するために、ドライバ出力側にダンピング抵抗を追加する方法を話した。今回は、ダンピング抵抗を追加したときの回路図、立上り時の格子線図と、ドライバ側とレシーバ側の電圧の時間的変化を図で示そう。

続きを読む

マイクロ波の応用はめっちゃ面白い! 通信は勿論、乾燥工程加速~植物生育促進~部分加熱まで

マイクロ波は、携帯電話通信、WiFi、BLE、特定小電力無線、衛星通信/放送などの通信用途に広く利用されていて、私たちが日常生活を送る上で大変大きな役割を果たしてくれています。

でもマイクロ波の応用はそれだけではありません。

いくつか例を挙げてみましょう。

続きを読む

物流を担う人手不足の解決方法は「自動化」。ドローンによる輸送実験も進展中

国土交通省によれば、2018年時点で、トラックドライバーが不足していると感じている企業は7割に達しているとのことです。

通販の件数増加に加え、全産業平均以上のペースでドライバーが高齢化している要因が重なっていることから、年々人手不足が深刻化しています。

そのため、物流の生産性を上げることが急務になっています。

続きを読む

半導体パッケージ紹介 第8弾『高放熱パッケージ』

皆さん、初めまして! 東京事業所パッケージ設計課の秋元です。

業務は主にリードフレームタイプのパッケージ設計を担当しています。

前回の半導体パッケージ紹介 第7弾のブログでは、車載マイコン用半導体パッケージの特徴を紹介しましたが、今回は半導体パッケージの放熱対策について紹介します。

続きを読む

高周波回路シミュレータの活用

みなさんこんにちは。高周波デバイス設計課の藤井です。

私が携わっている高周波の分野では、回路設計を行うにあたって回路シミュレーションの活用が必須になっています。

例えば高周波アンプの設計を行うときは増幅デバイスのSパラメータなどを元に整合回路を設計し、バイアス回路などの周辺回路も含めて増幅器全体の特性を計算し、回路パラメータを調整して最適な回路仕様を決定します。
これらの作業は非常に多くの計算を必要とするので手計算で行うのは困難です。

続きを読む

素人同然のWTI社長がみんなに感謝を込めてピアノ即興演奏

Wave Technology(WTI)の社長 石川高英です。

11月2日に、当社の社内懇親パーティーが開催されました。

今日は、いつもの業務の話からはちょっと離れて、その懇親パーティーで、私がピアノを弾くはめになってしまったお話をさせていただきます。

パーティーの準備段階で、人事総務課からピアノの演奏の依頼があったのですが、

続きを読む

WTI社長の社員へのバースデープレゼントは今年度も!

株式会社Wave Technology(WTI)の社長 石川高英です。

社長の私から社員へのバースデープレゼントは、早いもので、今年度で3年目に入りました。

バースデープレゼントに関する過去ブログ

続きを読む

ワイヤレス給電について知りたい方、実機デモをご覧になりたい方は、11月 6日(水)〜 8日(金)「中小企業 新ものづくり・新サービス展」(インテックス大阪)へ

ワイヤレス給電(無線電力伝送、無線給電)は電動歯ブラシやスマホなどではお馴染みになってきましたが、動いているもの、距離が離れているものへの給電技術の適用はまだこれからという段階です。

ですが、弊社にはワイヤレス給電の設計と技術コンサルについてたくさんのご用命をいただいており、今後大いに普及していくであろうとの感触を持っています。

続きを読む

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.