Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

「文書品質向上」プログラムでまずはお試し、がおススメ

【 テクノシェルパは、技術レポートの品質向上にも貢献します 】

テクノシェルパの技術者教育プログラムでは技術が学べるだけではなく、「技術レポートの書き方」も習得することができます。

実はこれ、お客様からすごく興味を持っていただいているポイントなのです。

続きを読む

RTKの位置精度はセンチメートル級!

RTK(リアルタイムキネマティック)測位では、重機、輸送機などの移動局に設けるGNSS受信機の他に予め座標値が分っている地点に基地局を設けることで相対測位を行っています。この基地局から移動局に対して無線通信などで補強信号を送ることでリアルタイムに高精度な位置検出が可能となっています。

しかし、センチメートル級の位置検出を実現しているのには他にも理由があります。

続きを読む

「テクノシェルパで丁稚奉公」いかがですか?

【 テクノシェルパで丁稚奉公? 】

技術者不足の世の中、自社の非電子系のエンジニアを電子系の回路/機器を設計できるように育成することがひとつの現実的な解決策になりつつある現代。テクノシェルパでは、技術者教育と技術コンサルティングで、それをご支援しております。
先日、会議の最中思いついたのは、技術者教育と技術コンサルの中間に「丁稚奉公」を入れると面白いのでは?ということです。

続きを読む

GPSの位置精度をご存知ですか?

カーナビゲーションなどに利用されているGPS受信機の位置検出精度は数メートル単位(およそ3m)です。でも、カーナビの自車位置ってそんなにズレませんよね。それは車速パルスや加速度センサー、ジャイロセンサなどで補正し上手く地図上にマッピングする処理を行っているためです。

続きを読む

KOMTRAXみたいなことを屋内でやってみたくないですか

世の中には、位置検出技術を使った製品やシステムが多くあります。よく知られたシステムとしては、世界中に分布する建設機械の情報を遠隔で確認するためのシステムがあり、GPSと通信システムにより、各々の建機の位置情報を一元的に把握できるものです。

建機は屋外で使用することが多く、衛星電波を受信できる環境を利用し、主にGPSを使って現在位置を測定します。

建物の中で使用する建機・重機はどうでしょうか。

続きを読む

おたくは何をつくっている会社なのですか? 人をつくっています

パナソニックの創業者、松下幸之助は「『君のところは何をつくっているのか』と尋ねられたら、『松下電器は人をつくっています。電気製品をつくっていますが、その前にまず人をつくっているのです』と答えなさい」とよく言ったと伝えられます。

モノづくりを行おうと思えば、まずは人づくりから。
この考え方は、テクノシェルパのプロ設計者育成プロジェクトに通じます。

続きを読む

技術者採用難ですね。今の時代、非電子系学科の新卒者の採用・育成の方が、結局近道になりつつあります

弊社のお客様から、「エレクトロニクス系の技術者は、キャリア採用も新卒者採用も非常に難しくなった」とよく伺います。

確かに、IoT化の進展や自動車のEV化等により、エレクトロニクス系の開発設計の需要が急速に高まっており、その結果、電子系の技術者の需要が一気に増大しています。

続きを読む

技術者教育と技術コンサルがセットで「テクノシェルパ」な訳

「テクノシェルパ」のサービスは、「技術者教育」と「技術コンサルティング」の2分野から構成されています。

「技術者教育」と「技術コンサルティング」をそれぞれ別のブランドに分けて提供しても良さそうですね。

確かにそのように思えますが、あえて1つのブランドにて双方をご提供させていただいているのです。

続きを読む

技術系人材派遣会社様向けにもテクノシェルパ

2015年9月末に施行されました改正労働者派遣法では、「派遣会社に段階的かつ体系的な教育訓練を行う義務がある」として、毎年おおむね8時間、有給・無料で教育することを定めました。

この改正法により、教育訓練が不備な派遣会社には営業自体が許可されないことから、人材派遣会社では、教育コンテンツを開発したり外部教育組織を利用するなどの対応が必要になっています。

続きを読む

IoTの情報伝送はやはり無線で! でもどうやって?

【 IoTには情報伝送が不可欠。 無線通信が便利と分かっていても…】

以前のブログで、IoTは「3つに分けて理解する」と分かりやすいことをお話しました。

どんなIoTのシステムも必ず以下の3つの部分が含まれているというお話でした。

続きを読む

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.