Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ 新着情報 ▶ 会社概要 ▶ 人材採用(新卒中途)▶ 保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

USB充電器 CHE-325 リバースエンジニアリングレポート

USB充電器 CHE-325 リバースエンジニアリングレポート

 

USB急速充電器(60Wクラス)
 cheero CHE-325 リバースエンジニアリングレポート

 

【概要】

近年、高出力化の進むUSB充電器において、次世代パワーデバイスのひとつであるGaN(窒化ガリウム)トランジスタを採用した製品が主流となりつつある。そのような中で、従来のシリコントランジスタ(Super Junction Power MOS FET)を採用し60W出力できる製品として販売しているcheero CHE-325を分解し、部品表の作成、基板レイヤ写真の撮影をおこない回路図化した。

 

【内容】

外観・分解写真、部品ナンバリング、各層レイヤ写真、部品表、回路図

 

cheero CHE-325 Main基板(表) Main基板(裏) 筐体切断写真

 
【製品概要】

概要 Super Junction Power MOS FETを採用することで、60 W電力を出力できる、比較的低価格なPD対応USB急速充電器。
回路の特徴 ●一次側は、AC-DC コントローラ ICにてSuper 続きを読む

USB充電器 RP-PC112 リバースエンジニアリングレポート

USB充電器 RP-PC112 リバースエンジニアリングレポート

 

USB急速充電器(60Wクラス)
 RAVPower RP-112 リバースエンジニアリングレポート

 

【概要】

近年、高出力化の進むUSB充電器において、次世代パワーデバイスのひとつであるGaN(窒化ガリウム)トランジスタを採用した製品が主流となりつつある。GaNトランジスタ内蔵のAC-DCコントローラICを採用し、61Wの出力で世界最小クラスを実現したRAVPower RP-112を分解し、部品表の作成、基板レイヤ写真の撮影をおこない回路図化した。

 

【内容】

外観・分解写真、部品ナンバリング、各層レイヤ写真、部品表、回路図

 

RAVPower RP-PC112 Main基板(表) Main基板(裏) 筐体切断写真

 
【製品概要】

概要 GaNトランジスタ内蔵のAC-DCコントローラIC(SC-1933C)を採用し、61W出力を実現している世界最小クラスのPD対応のUSB急速充電器
回路の特徴 GaNトランジスタ内蔵AC-DCコントローラIC(SC-1933C)を使用することで、回路構成を簡素化。
AC-DCコンバータICの電源供給回路はノーマリーオンのN-ch MOS FET を利用することで簡素化。
AC-DC部方式 2次側同期整流,フライバックコンバータ
スイッチング素子 GaNトランジスタ内蔵AC-DCコントローラIC
●絶縁フィードバック機能内蔵 (FluxLinkTM(磁気結合方式))
●2次側同期整流コントローラ内蔵
●USB 続きを読む

「リバースエンジニアリングPlus」でレポート売りを始めます!

みなさんこんにちは。第二技術部 カスタム技術課の山本です。

2018年度にカスタム技術課に異動して、今年で3年目に突入しています。今回は、私が担当している「リバースエンジニアリングPlus」の新しい試みについての情報を、事前にお知らせします。

弊社では「お客様からのご依頼品を解析するスタイル」でリバースエンジニアリングPlus事業を展開しています。この仕事は、いろんな分野の技術に触れることができるので、技術者としての知見を広げられる面白い仕事だと感じています。

続きを読む

リバースエンジニアリング Plus事例

リバースエンジニアリング Plus事例

通常の分解・解析に加え

  • 動作原理解明
  • 機能推定/原理解析
  • 評価 (環境構築/自動化)
  • 改善へのご提案
  • 実設計請負(改良・新規)

などの「Plus」の価値をご提供

リバースエンジニアリング Plus事例

リバースエンジニアリング リバースエンジニアリングPlus
リバースエンジニアリング リバースエンジニアリングPlus
リバースエンジニアリングPlus リバースエンジニアリングPlus

 

さらにPlus

たとえば 基板再設計(設計請負)

 

解析基板                 WTI再設計基板 続きを読む

「リバースエンジニアリングPlus」は、分解・解析が「ゴール」ではなく「スタートライン」 ~コスト調査、動作原理解明、設計ルール把握、開発方向性提案、実設計請負などの「Plus」の価値をご提供中~

今年になって、当社「リバースエンジニアリングPlus」の引合が増加してきています。
コロナ禍にあって、このサービスが一層お客様のお役に立てていることが、大変嬉しいです。

そこであらためて、「リバースエンジニアリングPlus」とは何か?について、お話させていただきます。

続きを読む

BOMリストだけのリバースエンジニアリングでも回路設計の会社に依頼がオススメです!

Wave Technology技術統括の森です。こんにちは。

製品のティアダウンをしてBOM(Bill Of Materials:部品表)にする業務を外部に依頼される場合に、
「搭載部品調査だけだから回路の知識は不要だ。回路設計の会社に依頼する必要はない」
・・・なんて思っておられませんか?

続きを読む

当社「リバースエンジニアリングPlus」でご依頼件数の多い分野は? ~自動車、パワエレ、民生、無線、半導体、などなど~

リバースエンジニアリング(テアダウン)とは、既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品、技術要素などを分析する手法のことを言います。

この手法により、その製品に使用されている技術を分析、調査、確認することができ、新製品の開発などに役立てることができます。

当社には、日頃たくさんのリバースエンジニアリング(テアダウン)のご依頼をいただいております。今日はご参考のため、特にどういう分野のご依頼をいただいているかをご紹介させていただきます。

続きを読む

「リバースエンジニアリング」+「カスタム計測」=「Plusのサービス」!

みなさんこんにちは。WTI 第二技術部 部長の矢野です。

今回は、リバースエンジニアリング Plusのサービスとして、「リバースエンジニアリング」と「カスタム計測」の組み合わせにより、お客様の課題を解決した事例について、紹介させていただきます。

続きを読む

おかげさまでお問い合わせ急増!リバースエンジニアリング Plus♪

みなさんこんにちは。WTI 第二技術部 部長の矢野です。

今回は、リバースエンジニアリング Plusのサービスについて、近況と今後の取り組みの一部をご紹介したいと思います。

昨年9月のブログ「WEBからのお問い合わせ件数NO.1はリバースエンジニアリングPlus」で少しご紹介させていただきましたが、リバースエンジニアリングPlusは既にお取引いただいているお客様からのお問い合わせに加え、WEBからのお問い合わせが急増しております!

続きを読む

WEBからのお問い合わせ件数NO.1はリバースエンジニアリングPlus

みなさんこんにちは、WTI営業部 部長の植村です。

以前から当ブログでご紹介させていただいた生産中止部品(EOL、ディスコン)対応は依然として問い合わせ件数が多いのですが、ここ最近WEBからのお問い合わせ件数が急増しているのはリバースエンジニアリングです。

WEBからのお問い合わせ件数は、17年度と比較すると、18年度、19年度は、3倍近くに増えております!!!

続きを読む

 © 2005 Wave Technology Inc.