Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

「リバースエンジニアリング」+「カスタム計測」=「Plusのサービス」!

みなさんこんにちは。WTI 第二技術部 部長の矢野です。

今回は、リバースエンジニアリング Plusのサービスとして、「リバースエンジニアリング」と「カスタム計測」の組み合わせにより、お客様の課題を解決した事例について、紹介させていただきます。

「リバースエンジニアリング」と「カスタム計測」

それぞれ別物で、独立したサービスと思われる方が多いと思います。
そうなんですよね!
通常、

  • リバースエンジニアリング : 解析専業企業
  • カスタム計測: 計測システム専業企業

と、それぞれに専門性があり、独立したサービスで提供されることが、業界でも固定概念として定着してるのではないでしょうか。

WTIは、複数の技術ジャンルを組み合わせて、お客様の潜在課題を解決することを得意としております。

最近のお客様の事例になりますが、ある製品開発の過程で、海外の製品について性能を把握されたいという要望がありました。
しかし、お客様としては、開発を進める過程で3つの課題に直面しておられました。

 

表1.お客様の課題

性能は見たいけど、回路構成を把握しないと、見たいポイントが判断できない。

十分な精度で性能を評価するには、治具を含めた評価環境を構築する必要がある。

環境が整ったとしても、欲しいデータを取得するには膨大な時間がかかることが容易に推測され、自動化をしないと必要な時期に完了させることができない。

 

お客様は設計をメイン業務とされており、これらの課題をどう克服するか悩んでおられました。そんな時に、WTIのリバースエンジニアリング Plusを知っていただき、声をかけていただきました。

3つの課題は、リバースエンジニアリングを入り口に、カスタム計測システムのサービスと組み合わせることで、解決できるんですね!

 

表2.お客様の課題を解決するための必要技術とWTIサービス

 

 

“リバースエンジニアリング Plus”
ありそうだけど他では見かけないサービスですよね。

サービスのイメージとしてうまくお伝えすることができたでしょうか?

最近は、新型コロナウイスル感染拡大の影響もあり、お客様の勤務形態も在宅勤務等に移行されるケースが多く、開発が思うように進まない状況にあるのではないかと思います。限られた時間の中、開発効率を高める手段として、リバースエンジニアリング Plusをご利用いただくお客様は、増えつつあるように感じます。

WTIの開発設計サービスを組み合わせてご利用いただくことで、お客様の潜在課題を解決していくことがWTIの価値であると考えています。
HPをご覧いただき、WTIのサービスがお客様の課題解決の一助となれば、幸いです。

リバースエンジニアリング Plusですが、お客様のニーズが高いことから、WTI独自で製品を調達して解析評価したレポートを販売することも考えております。
機会があれば、またご紹介させていただきますね。

WTIの「リバースエンジニアリング Plus」は今後も進化していきます。楽しみにしておいてください♪

【関連リンク】

 

 

 

 

 

 

 

WTIでは、お客様に役立つ情報をYouTubeとFacebookページでも紹介させていただいております。

でご覧ください。

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.