Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIはデバイス周辺・情報通信機器等の設計受託会社です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ

問合せ急増中!物づくりに欠かせないリバースエンジニアリングって何!?

みなさんこんにちは。WTI設計第三課長の矢野です。

今日は、最近問合せが増えている“リバースエンジニアリング”についてお話します。
みなさんは、リバースエンジニアリングって聞いたことありますか?私も何年か前までは知らなかった一人だったんですよね。あの時知っていれば、もっといい設計が、もっと早くできたんだろうな~。なんて思ったりします。そんなこと言われても、リバースエンジニアリングって何?どんなことができるの?って思いますよね!今日は、是非みなさんに知ってほしい!と思い、お話しすることにしました。

リバースエンジニアリングっていうのは、世の中にある製品や開発品、試作品を解析して、最終的に回路図まで起こす一連の技術アプローチなんです。なんでそんなことが必要なのかな?って思いますよね。たとえば、次のような場面で役立たせることができます。

  1. 市場で既に流通してる製品から、新製品開発のためのアイデアを得たい。
  2. 市販品の技術トレンドを調べ、性能改善やコストダウンした製品を開発したい。
  3. 競合他社が、自分たちの技術を真似していないか知りたい。
  4. 自社の製品に改良を加えないといけなくなったけど、設計情報が残ってない。
  5. 搭載部品が廃番(ディスコン)になり、改良設計をしなければならない。

他にも様々な理由で、リバースエンジニアリングの依頼が増えてきています。
どうですか?案外、活用範囲って多いんですよね!

リバースエンジニアリングを行うには、解析技術と回路技術の両方を保有していないといけません。
当社は設計会社でありながら、解析もできる!というちょっと変わった特技?を持っており、この期待に応えることができるんじゃない?とお客様から相談を受けたのが、実は始まりでした。お客様から気づかされることも結構多く、日々勉強ですね!

研磨写真例
研磨写真例

回路図例
回路図例

当社はこれまで、自動車機器・医療機器・産業機器・民生機器メーカー様をはじめ、多くのお客様にリバースエンジニアリングサービスをご利用いただいております。基板の種類や大きさも、多層基板からA4程度の大型基板まで、幅広い範囲でサービスをご利用いただくことが可能です。

でどうですか?みなさんの設計開発に少しでも役立てていただけたら、私もうれしいです。遠慮なく是非お問い合わせください。

リバースエンジニアリングの詳細はこちら

WTIでは、お客様に役立つ情報をYouTubeFacebookページでも紹介させていただいております。
https://www.youtube.com/channel/UCXCxuAg7tziErYcV3yx_vvg
https://www.facebook.com/wtijp
でご覧ください。

当社石川社長によるご紹介動画もご覧ください。

 

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.