Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

カスタム計測の輪を広げよう♪!

みなさんこんにちは。WTI 第二技術部 部長の矢野です。

今回は、

  • お客様でもあり協業パートナーでもある、A社様との関係
  • 関係の中でカスタム計測がどのような役割を果しているのか
  • その結果として、どのような輪が広がったのか

といった内容を踏まえながら、“カスタム計測の輪の広がり”について、実例と合わせ紹介させていただきますね♪

続きを読む

カスタム計測って面白い!? 1dayインターンシップで“遊び心”?

みなさんこんにちは。WTI 第二技術部 部長の矢野です。

さて、今回は、インターンシップの準備に絡めたテーマで少しお話ししたいと思います。

WTIでは、新入社員の1年目は、研修期間として指導を受けながら、日々の業務を通じ“学び”を軸に過ごすことになります。その後、2年目からは戦力として本格的に業務に取り組むことになります。でも、できれば、その中でも何か“遊び心”みたいなものがあった方が楽しいですよね?

続きを読む

カスタム計測とインターフェイス回路!?

みなさんこんにちは。WTI 応用機器設計第二部 部長の矢野です。

今回は、私の部のカスタム技術課で取り組んでいる、計測を便利にする“インターフェイス回路”の活用について紹介したいと思います。

弊社では、お客様の開発設計を促進する目的で、“カスタム計測”をキーワードとしたサービスの提供しております。

続きを読む

カスタム計測・受託評価

カスタム計測システム・受託評価

カスタム計測システム・受託評価

「事業解散を超えて WTI カスタム計測システム事業 執念の復活劇」

 

お客様の研究開発環境で求められる機能を、オーダー・メイドの「カスタム計測システム」という形でご提供いたします。

カスタム計測システム以外にも、受託評価、データ解析ツール(ソフトウェア)作成、治具製作まで、最適なサービスを幅広くご提供しております。

開発中の製品の評価などの際には、便利な装置やソフトウェアがないことが多いものです。
最初は、複数の評価装置を使用しながら、評価項目1つ1つを順番に手作業で測定することになります。
しかし、これも開発が進むにつれてサンプル数も評価項目数も増えてきますので、評価だけで膨大な時間を要することになります。

信頼性試験や挙動監視等では、データロガーによる長時間のデータ集録が行われます。データから必要情報の抽出や情報の見える化を行うためには、膨大な時間を要し、場合によっては専任者の配置が必要になります。これらは結果として開発・評価効率の低下につながります。

そこで、『評価の自動化』や、『データ解析の自動化』が必要になります。

お客様の社内で自動計測環境やデータ解析ツールを自作するという選択肢もありますが、面倒であるばかりか、自動計測環境やデータ解析ツールを作ることがお客様側の本来の業務ではないので、自社製品の開発業務に時間を割けなくなるという問題も発生してしまいます。

また、評価を自動化しようとしても、カスタム回路が必要である等、計測器を制御するだけでは実現できないケースも多く見られます。

WTIのカスタム計測システムは、そのようなお困りのお客様のご要望をしっかりと捉え、課題を解決するための提案型サービスであることを特徴としております。

WTIでは、評価システムや解析ツールのご提案だけでなく、WTI内で必要な環境を構築して行う受託評価サービスも承っております。この他には、信頼性試験用途等で、一部標準品として販売しているシステムもございます。

お客様が具体的なアイデアをお持ちでなくても、イメージをお伝えいただくだけで、課題解決案をご提案いたします。

 

カスタム計測システム

カスタム計測システム

  • お客様の研究開発環境で求められる機能をカスタム計測という形でご提案いたします。
  • アナログ・デジタル技術を活かし、カスタムで計測環境を構築することができます。
  • お客様だけの専用設備をご提供いたします。※LabVIEW,VB,VEE等に対応

 

こんな方にオススメです

  • 治具と一体化した専用の検査機を製作したい
  • 市販計測器だけでは対応出来ない測定をしたい (ハード・ソフトを専用設計)
  • 自動計測を行いたいがプログラミングは苦手
  • 少し変わった評価をしたいが具体化のアイデアがない
  • 大量のセンサの情報を収集して設備保全に役立てたい

 

治具の設計・製作

治具の設計・製作
  • 大手半導体メーカーの設計・開発・生産に携わってきたエンジニアが対応することでお客様の立場に立った提案が可能です。
  • 電気、光学、ロボット制御等を組み合わせた構築が可能です。 続きを読む

カスタム計測は技術とアイデア!リアルタイム制御にトライしてみました

矢野

みなさんこんにちは。WTI設計第三課 課長の矢野です。
今回で5回目の登場になります。

前回、最新事例として、パワーモジュールのON/OFF通電試験をナショナルインスツルメンツ(NI)社の制御ボード(FPGA+リアルタイムOSを搭載)を用いた事例について、少し触れさせていただきました。

続きを読む

カスタム計測はIoTを救う!?

みなさん、はじめまして。 WTI 応用機器設計部 設計第三課長の矢野です。

WTIブログ初登場です。どうぞよろしくお願いします。
今日は私の担当している、カスタム計測技術のお話をします。
実はこれ、世の中で提供されている技術サービスの中でも珍しい部類ではないかと密かに思っているんです。

続きを読む

ヴァーチャル展示会

ヴァーチャル展示会

ヴァーチャル展示会ブースへようこそ!
気になるキーワードをクリック!

働き方改革 自動化 位置検知 コストダウン
EOL(生産中止) 他社品解析 防水対応 無線化
試験・評価
・調査代行
無線給電 IoT 省エネ
  故障解析 技術伝承  

 

働き方改革
CAE活用による構造設計 カスタム計測
CAE活用による構造設計CAE活用による構造設計

試作回数や、設計の後戻りをなくしませんか?

CAEを活用することで狙うべき設計値を見つけ出すことができます!
設計力は「自信」から「確信」へ悩むことなく定時退社が可能に!

【画像をクリックすると拡大表示します】

詳細コンテンツへのリンク

落下・衝撃の問題対策

カスタム計測
カスタム計測

測定に時間をかけすぎておられませんか?

測定を自動化することで業務効率は大きく改善できます。

手がかかっている測定を自動化することで定時退社が可能に!

【画像をクリックすると拡大表示します】

詳細コンテンツへのリンク

カスタム計測システム・受託評価

熱SIM ?
熱SIM
熱SIM

製品開発で熱的な課題を抱えておりませんでしょうか?

電気、構造の協調設計を得意としており、半導体部品の熱特性を高精度に反映する特許技術を保有しております。

WTIでは、設計のフロントローディング化を推進しておりますので、熱に関するお悩みありましたらお気軽にご相談ください。

【画像をクリックすると拡大表示します】

詳細コンテンツへのリンク

熱流体解析を用いた放熱対策

   
自動化
カスタム計測 導通抵抗モニタリングシステム
カスタム計測
カスタム計測

測定に時間をかけすぎておられませんか?

測定を自動化することで業務効率は大きく改善できます。

手がかかっている測定を自動化することで定時退社が可能に! 続きを読む

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.