Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

#048 EMI対策 ~フィルタ(インダクタ その2)~

前回に続いて、インダクタのお話です。

では2つ目のつなぎ方を話そう。
2つ目のつなぎ方は、図のように信号源とレシーバ線路間に並列にインダクタを入れた場合じゃ。
信号源の周波数を変化させるとレシーバ側にはどのように信号が伝わるか説明できるかい?
今までと同じように考えれば良いのじゃ。

続きを読む

#041 EMI対策 ~伝導エミッション(雑音端子電圧) ⊿型電源インピーダンス安定化回路網~

前回に続いて伝導エミッション(雑音端子電圧)のお話をします。

V型電源インピーダンス安定化回路網(以下、LISN)の雑音端子は、ノーマルモードノイズとコモンモードノイズを両方が見えますが、図1に示した⊿(デルタ)型LISNはスイッチの切替でノーマルモードノイズとコモンモードノイズを分離して観測することができます。

続きを読む

#040 EMI対策 ~伝導エミッション(雑音端子電圧) V型電源インピーダンス安定化回路網~

今回は伝導エミッション(雑音端子電圧)のお話をします。

雑音端子電圧は、製品から発生したノイズがACコードを経由して商用交流電源100Vへ漏れ出す伝導ノイズを指し、図1に示したV型電源インピーダンス安定化回路網(以下、LISN)を使って測定します。

続きを読む

#039 EMI対策 ~コモンモードノイズ対策~

#33に続き、コモンモードノイズ対策で使用するコモンモードフィルタを紹介します。

このフィルタはコモンモードに対して高いインピーダンスを有しますが、ノーマルモードではインピーダンスが低いことが特徴です。このため、伝えたい信号(ノーマルモード)の品質は劣化することなく、コモンモードノイズだけを抑制することができます。

続きを読む

#038 EMI対策 ~信号伝送路設計とEMI~

クロック信号をレシーバに送るとき、信号線が長いので正確に送ることができるかどうか心配です。
伝送線路が長くなると信号劣化だけでなくノイズの影響も受けやすくなるからです。

信号伝送路で気にしなければならないのは、コモンモードノイズの影響です。

続きを読む

 © 2005 Wave Technology Inc.