Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ

#038 EMI対策 ~信号伝送路設計とEMI~

クロック信号をレシーバに送るとき、信号線が長いので正確に送ることができるかどうか心配です。
伝送線路が長くなると信号劣化だけでなくノイズの影響も受けやすくなるからです。

信号伝送路で気にしなければならないのは、コモンモードノイズの影響です。

続きを読む

#033 EMI対策 ~コモンモードノイズ発生のメカニズム その②続編~

前回に続いて差動回路のお話をします。

差動回路の正相信号端子に矩形波を入力します。また、その180度位相反転した信号を逆相信号端子へ入力します。2つの入力信号は逆位相関係が得られているのでコモンモード電流は発生しません。

続きを読む

#014 EMI対策 ~パスコンの効果を上げたい? Rさまのお出ましだ~

ここまでは、ノイズをグラウンドに流し込むためにパスコンを挿入すること、また、その際の留意事項を解説してきました。
ノイズは、グラウンドに流し込むという方法だけはなく、抵抗にノイズエネルギーを吸収させるという方法もあります。それには、バイパスコンデンサに直列に抵抗を接続します。

続きを読む

#013 EMI対策 ~パスコンは、容量ばらつきに御用心~

これまで解説してきましたように、パスコンは共振周波数の意識なしには使えません。LC自己共振周波数に加えて、周辺回路のL成分が付加された状態での共振周波数を把握することが大切です。
ですから、パスコンの正確な容量値、寄生インダクタンス成分の把握が重要なのです。一方でコンデンサは電子部品ですから、出荷された製品には、必ずばらつきがあります。そのばらつきの平方根で共振周波数をばらつかせてしまいます。

続きを読む

#012 EMI対策 ~パスコン配置にも作法がある~

前回のお話は、パスコンは容量の異なるものを配置することが大事、ということでしたね。それによって、広い周波数範囲のノイズをグラウンドに逃がすことができます。

それでは次に、それぞれのパスコンの置く位置については、どうすればよいのでしょうか。

続きを読む

#011 EMI対策 ~パスコン 大は小を兼ねる??~

ノイズ対策におけるパスコンの役割は、ノイズをグラウンドに落とすこと。
ノイズはいろいろな周波数がありますので、全ての周波数をグラウンドに落とすようなパスコンを入れておけば安心、と考えてしまうこともあります。そうすると、パスコンのCの大きいものを1個入れておけばよさそうに思えます。

続きを読む

#010 EMI対策 ~パスコンはコンデンサじゃないって??~

ノイズ対策としてよく採られる方法がバイパスコンデンサ(通称パスコン)の挿入。ノイズをグラウンドに流し込んでしまうという作戦ですね*。でも、パスコンを入れたのにノイズが全く減少しない、それどころか、増えてしまったっていう経験をお持ちではありませんか。
パスコンは使い方によっては、コンデンサとして機能せずに、インダクタンスになってしまうからなんです。

続きを読む

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.