トップページEOL(生産中止・ディスコン)対応 > 事例4.ジョイスティックのEOL対応

事例4.ジョイスティックのEOL対応

<概要>

機械式8接点ジョイスティックの置き換えでは、サイズ、方式共に同等の代替品が無かったため、構造的制約からサイズを重視し2軸のアナログ式(可変抵抗式)ジョイスティックを選択した。
出力方式の変換(2軸のアナログ出力→8接点出力)には、小型ワンチップマイコンを採用したことで、上位回路やソフトウェアを変更すること無く置き換えを実現した。

概要

このようにWave TechnologyWTI)は幅広い保有技術から様々な技術課題に対して解決方法をご提案させていただくことが可能です。



<工期>

工期

全体工期:約2ヵ月

 

事例1.絶縁型(フライバック型)電源に使用されている部品のEOL対応
事例2.電源回路部品のEOL対応に伴う実装基板の小型化
事例3.デジタル制御電源アイソレーション回路変更

 

WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。