Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

定年後は再雇用ですか? それとも・・

最近の調査によりますと、定年退職後に継続雇用を望む方の比率は約6割を占めると報告されています。

継続雇用を望む場合、会社にその希望を伝え、会社側もそれを望む場合には、同じ会社かグループ会社での雇用が成立する仕組みを採っている会社が多いと思います。

続きを読む

応募するなら「名門企業」のWTI !?

最近、東京のとある社長様とお話をした際、その方から「御社は名門ですね」と言われました。

名門という言葉で形容いただいたのは実は初めてのことで、そのような見方もあるということはちょっとした発見でした。

一方で、当社は以下のような特長を持っていますので、この方の仰るように、「名門」という見方も確かにあり得るかもしれません。

続きを読む

高周波回路の設計 ~整合とは~

大塚

みなさんこんにちは。WTIデバイス技術部次長(兼)高周波設計第二課 課長の大塚です。

高周波設計第一課長の橘高さんによる『高周波電力増幅器とは?』という回で、“高周波トランジスタの整合回路を設計しています”という話がありました。そこで、今回は私が設計をはじめたころのお話しをしようと思います。

当社の高周波電力増幅器開発サービスはコチラ

続きを読む

今週は取材をしていただきました

今週、当社取材のインタビューの申し込みをいただきまして、当社の本社にご来訪いただきました。

まだ記事が公開されていませんので、今日は詳細には触れませんが、とても楽しいインタビューでした。

以前のブログでも、「中小企業はやはり目立たなきゃ」と書きました通り、中小企業はパブリシティを高めることが非常に大事であると考えています。

続きを読む

新ブランド立上は、従業員のためでもあるのです

約1ヶ月前に、技術コンサル事業の拡大のお話をしました。

その後、着々と準備を進めておりまして、今日はその続きのお話です。

新サービスは新ブランドとして立ち上げるのですが、ブランド名称、サービス内容、ウェブサイト・コンテンツ、立上後の展開想定等を始めとして、たくさんの検討項目があります。

続きを読む

設計/開発会社のエンジニア数と業務遂行の関係PART2

前回、設計/開発会社は、企業規模によって、業務の実施方法に違いが出て来ることをお話ししました。

今回は、その話の続きをしますね。

設計/開発会社の規模が小さいことのメリットの1つは、小額の設計案件が受託できることです。「ちょっとここお願い」的な小規模設計依頼は小さな設計/開発会社でないとまずできないだろうと思います。

続きを読む

設計/開発会社のエンジニア数と業務遂行の関係

設計/開発会社は、在籍エンジニア数によって、業務の遂行の仕方が変わってくるのですが、エンジニア数が少ない場合について今日はお話していきます。

 

これまでお取引様等から伺った話からの推定で、エンジニア数が数人~数10人程度の設計/開発会社でしたら、以下の2つのいずれかになっていることが多いようです。

続きを読む

新人研修フォロー会議

昨日は、新人研修の定期フォロー会議がありました。

 

今年度入社した新卒入社の方々を対象に、毎月の技術習得計画に沿って進捗しているかを幹部・管理職で確認しフィードバックを掛けるための会議です。

続きを読む

16歳の女子高生社長

この週末は経営者のための講演会に行って来ました。そこで、最近起業したという、なんと16歳の女子高生が登場しました。

スイスワインの販売を手がけているという、この若き企業家が、マーケティングの仕組みをきちんと理解した上で経営していることに感心しました。ちなみにスイスでは、16歳以上の人であれば、ワインを飲むは合法とのことで、現地で買い付けのためにテイスティングすることができるのです。

続きを読む

内定長者続出の時代

内定長者続出の時代になりましたね。

WTIでは、新卒採用枠で内定を出した学生さんには、社長の私と直接話す機会を設けさせていただいています。

その際、私が気をつけていることがあります。

「入社を勧誘しない」ということです。

続きを読む

 © 2005 Wave Technology Inc.