Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ

#032 高周波 ~パターン設計について~

今回は、高周波回路をプリント基板で設計する場合についてお話しします。

設計した基板が所望の特性を得られなかったことはありませんか?
私が実際に経験した例ですが、基板上に形成した導体のパターン幅を図1のように導体下部「A」として設計しました。基板メーカーは導体上部をパターン幅として製作したため、設計したパターン幅よりも太くなり、導体のインピーダンスずれにより周波数特性がシフトしてしまいました。

図1

 

この現象は、銅箔を化学的にエッチングし回路パターンを形成する際に、導体金属の垂直方向だけでなく水平方向にもエッチングされる“サイドエッチング”が起こるためです。実際のパターンの断面図を図2に示します。

図2

 

このため基板製作時は、どこの幅を設計値にするかを基板メーカーと共有する必要があります。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.