Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIはデバイス周辺・情報通信機器等の設計受託会社です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ

#031 高周波 ~高周波部品(半導体)について~

今回は、高周波用トランジスタについて書きます。

高周波用トランジスタには、図1に示しますように半導体の特徴により周波数がおおよそ決まります。

図1 高周波トランジスタと周波数帯域

トランジスタが決まれば高周波回路設計に進みますが、その前にしておかなくてはならないのが放熱設計です。回路の信頼度を十分確保するためにも重要な項目となります。

一般的に高周波トランジスタのジャンクション温度の最大定格値は150~175℃となっています。設計時には、ディレーティングを考慮し、130℃以下に抑えることが必要です。

放熱器の大きさを決めるために、トランジスタメーカーのカタログや仕様書のジャンクション- ケース間の熱抵抗値[Rth(j-c) ]とジャンクション温度から放熱器熱抵抗を求めてディレーティングを考慮した放熱器の大きさを決めておく必要があります。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.