Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

防水設計におけるネジの重要性について

みなさん、こんにちは。WTI構造設計課の井清です。

防水設計をする上で多くの方が筐体用パッキン部分ばかりを注視しがちです。実はメインの防水箇所よりネジ部の方が、より注意を要する箇所になります。ネジ部は複数箇所に設けるため、設計に際してはバラツキなどを考慮したシビアな検討が必要になります。

そこで、今回は防水設計におけるネジ構造やその検討で注意すべき点などについて、日頃からお問合せの多いご質問についてお話ししたいと思います。


■Question 1:

  • 防水用ネジはどのような仕様のものを適用すればいいのか?

■Answer 1:

  • 筐体用パッキンの内側でネジ固定をする構造の場合、ネジ部分からの浸水が考えられるため、Oリング付きの防水ネジを用いる必要があります。(図1)

 

 

■Point 1:

  • 汎用の防水ネジは種類が少なく、形状やネジ長さが合わないことがあります。
  • そのため、新たに専用品を起こす場合が多く、その際、長期の作製期間がかかるため設計計画に影響がないように初期段階からの検討をお勧めします。

■Question 2:

  • 防水ネジを使用する際に一番注意すべき注意点は?

■Answer 2:

  • Oリングの潰れに対する容積の確保が最重要となります。
  • 容積確保ができている場合はネジ座面が密着し、良好な構造となります。(図2)
  • 容積確保ができていない場合はOリングを潰しきれずにネジ座面が浮き、ネジの緩み原因となり、浸水リスクの増大に繋がります。(図3)

 

 

■Point 2:

  • 使用するOリング毎に潰れに対する容積は異なりますので、それぞれの条件に合った容積確保の検討が必要になります。

 

上記以外でも防水ネジは、さまざまな設計制約があり適切な選定が必要となります。

弊社では、これまで培ってきた防水機器の開発実績を基に適切な構造提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。また、防水設計に関する外部講座の開催を準備しております。(詳細日程が決まりましたら当社HPに掲載いたします)

ご興味がある方はぜひ参加ください。

【関連リンク】

WTIブログもご覧ください

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.