トップページ高周波・無線 > 各種高周波部品開発

各種高周波部品開発

フィルタ回路設計評価

必要な周波数のみ最小限の損失で通過させ、不要な周波数は確実に減衰させる回路がフィルタ回路です。

通過させる周波数により、

LPF(Low Pass Filter)

: 低域通過フィルタ

HPF(High Pass Filter)

: 高域通過フィルタ

BPF(Band Pass Filter)

: 特定の周波数のみ通過させるフィルタ

BRF(Band Rejection Filter)

: 特定の周波数のみ減衰させるフィルタ

があります。

 

WTIでは、周波数200MHz12GHzにおいて、L/Cを用いた各種フィルタ回路、マイクロストリップラインを用いた各種フィルタ回路の設計・評価の実績があります。

またこれらを組み合わせることで、お客様の目的に合ったフィルタ回路をご提案します。

 

フィルタ等価回路

フィルタ特性

フィルタ等価回路

フィルタ特性

 

【主な開発実績】

開発件名

概要

主要特性

フィルタ回路設計評価

L/C回路を用いた各種フィルタを設計評価

周波数

~10 GHz

---

---

・マイクロストリップラインを用いた各種フィルタを設計評価

周波数

~10 GHz

---

---

・通信装置の高調波スプリアスの低減検討のためフィルタを調整

周波数

~500MHz

---

---

 

合成分配回路設計評価

市販の増幅器を用いて設計する場合、どうしても出力電力などが不足することがあります。

このとき複数の増幅器に電力を等しく分配し、増幅された電力を低損失で合成する合成分配器が必要になります。

 

WTIでは純粋に50Ω系での合成分配を行う回路から、異なるインピーダンスに合成分配を行う回路まで、様々な開発経験があり、お客様の目的にあった回路をご提案します。

 

合成・分配回路製作事例

合成・分配回路製作事例

 

【主な開発実績】

開発件名

概要

主要特性

合成・分配器設計

・マイクロストリップラインを用いた各種分配器設計評価

 ウィルキンソン、90° ハイブリッド

周波数

~8 GHz

---

---

 

スイッチ回路設計評価

信号が通過する経路のオン・オフを切り替えるスイッチ回路では、オンとオフの比を表すアイソレーション特性が重要となります。

WTIでは市販のMMICを組み合わせることで、アイソレーション50dBを実現したスイッチモジュールの開発実績があります。

 

スイッチ等価回路

スイッチ電磁界解析モデル

スイッチ等価回路

スイッチ電磁界解析モデル

 

【主な開発実績】

開発件名

概要

主要特性

24G SW MDLの設計開発

・車載レーダに使用するスイッチ部品を開発

周波数

24 GHz

アイソレーション

< -50 dB

---

 

局部発振回路設計評価

周波数コンバータで基準となる信号を生成する回路が、局部発振器(LOLocal Oscillator)です。この局部発振器では、高い周波数安定度と低位相雑音が必要となります。そのため、PLL(Phase Locked Loop)を用いた、周波数シンセサイザーが使われます。

 

局部発信器ブロック図

VCO: Voltage Controlled Oscillator

電圧制御型発振器

PLL:  Phase Locked Loop 位相同期ループ

TCXO:Temperature Compensated Crystal Oscillator

     温度補償回路付水晶発振器

Loop Filter : ループフィルタ

局部発信器ブロック図

 

 

周波数シンセサイザーの設計において重要となるのは、目的にあったTCXOVCOPLL-ICの選定とループフィルタの設計です。これらを適切に組み合わせることで、マイクロ波帯の発振器を実現いたします。

 

【主な開発実績】

開発件名

概要

主要特性

携帯電話用VCO/PLLモジュールの開発

・各種携帯電話用VCO/PLLモジュールを開発

---

---

---

 

サイト内リンク

■高周波・無線関連ページ

   高周波・無線(親ページ)

   電波の周波数による分類・定義

   高周波電力増幅器開発

■高周波・無線関連ブログ

    「高周波」ってなんだろう?

    意外と身近な無線通信

    ブログ目次はこちら

■ページ内リンク

    フィルタ回路設計評価

    合成分配回路設計評価

    スイッチ回路設計評価

    局部発振回路設計評価