パッケージの種類は多い!

2017.06.13

河井

皆さんこんにちは。
パッケージ設計課の佐々谷です。
前回のブログに引き続き、今回は半導体パッケージの種類についてお話します。

前回のおさらいですが、半導体パッケージは挿入型、表面実装型(リードタイプ・BGA)と呼ばれる半導体パッケージへと進化を遂げています。

挿入型

 

表面実装型リードタイプ

 

表面実装型BGA

軽く思い出していただいたところで、ここからは、半導体パッケージの種類についてお話します。

<挿入型パッケージの特徴と種類>
プリント基板やソケットに差し込むタイプのパッケージは、リードの足が出た形状が基本です。単体のトランジスタやダイオードも同様の形状ですね。
私たちパッケージ設計課で設計しなくなったタイプの半導体パッケージですが、ここから半導体パッケージが始まりました。挿入型パッケージの中でもSIPからDIPへ進化することでピン数が倍増していることが分かります。

代表種類
●SIPSingle Inline Package)
DIPDual Inline Package)
ZIPZigzag Inline Package)


SIP


DIP

<表面実装型リードタイプパッケージ特徴と種類>
市場からの要求で「基板の両面に部品を搭載したい」、「基板を小さくしたいのでパッケージを小さくしてほしい」との要求から生まれたパッケージが、表面実装型リードタイプです。
挿入型に比べパッケージの低背化とピン数を増やすため、DIPの表面実装型のSOPやピン数を増やした4方向から足が出ているタイプQFP、さらに面積を小さくするためリードをなくしたタイプのQFNがあります。

代表種類
●SOPSmall Outline Package
SOJSmall Outline J-leaded
QFPQuad Flat Package
QFNQuad Flat No-leaded package


SOP


QFP


QFN

<表面実装型BGAタイプパッケージ特徴と種類>
市場から「表面実装型リードタイプよりも更にパッケージを小さくしてほしい」、「ピン数を増やしてほしい」との要求から生まれたパッケージが表面実装型BGAタイプです。パッケージの裏面に格子状にピンを配置しているのが特徴です。
表面実装型リードタイプに比べパッケージが小型化されピン数も格段に上がったパッケージです。
パッケージの裏面にはんだボールが付いているBGAが主流ですが、剣山のようにピンを立てたPGAやはんだボールを付けないLGAがあります。

昔はパソコンのCPUPGAが主流でした。今はBGAやソケットと組み合わせたLGAが主流のようです。

代表種類
BGABall Grid Array
PGAPin Grid Array
LGALand Grid Array


BGA

今回は、代表的な半導体パッケージの種類を紹介しました。
この他にも半導体パッケージの厚みで名前が変わったり、機能の違いでタイプが異なったりと多様化がさらに進んでいます。今回ご紹介した種類以外にもたくさん存在します。
そして、半導体パッケージの数以上に多数のエピソード(開発秘話)があります。これはまた別の機会に紹介させていただきます。

前回ブログ(パッケージって何?)はこちら

◆ WTIブログ トップへ戻る ◆

 

メルマガ購読・解除
WTIブログはメルマガでも配信しています。
定期的に送付される メールでブログを読むことができますので便利です。
ご登録は↓のフォームにメールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
 

WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。