Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

プロ設計者養成プロジェクト(テクノシェルパ)

技術コンサルサービス 技術者教育サービス 会社紹介
iStock-621716232-312x171 Office, Board Room, Desk, Chair, Convention Center another
テクノシェルパ(Techno Sherpa)でご提供する「高精度位置検出技術」を始めとしたコンサルティングサービスのご紹介です。 人材不足が叫ばれる昨今、技術者の確保にお悩みではありませんか? 深刻な技術者不足の時代、技術者は「雇う」から「創る」ことを是非ご検討ください。 「テクノシェルパ」で技術コンサルと技術者教育をご提供する株式会社Wave Technologyのご紹介です。
詳しくはこちら 詳しくはこちら 詳しくはこちら

 

 IoTの開発競争が加速する中、 1企業がこれまで築いてきた技術分野だけでは、新製品を生み出すのが難しい時代になってきています。 例えばIoT機器の開発では、センサ応用技術、無線伝送技術、データ一元管理技術などが即必要とされます。 これらの新しい技術を自社で新たに開発する時間的、予算的な余裕はない時代です。

 そこで、社外から技術導入することで必要な技術を短期に自社に取り込むという選択肢があります。 技術コンサル会社に技術コンサルや技術教育を依頼し、短期に技術導入するという解決策が今、非常に重要になっています。

 従来のWTIのWebページは、弊社が提供する「技術サービス」を主にご紹介しておりますが、「テクノシェルパ」のページでは、弊社の「知識」、「知恵」をベースにしたサービス、「技術コンサル」と「技術者教育」に特化したサイトでございます。

 弊社は、「研究開発サービス」をご提供してきておりますが、この「研究開発サービス」は、以下の2種類に分類されます。

(1)開発・設計受託サービス

  • 顧客企業のご依頼を受けて、委託先エンジニアが開発・設計作業を担当する。
  • 委託先から顧客企業への技術の受け渡しは行われない。

(2)技術コンサル・技術者教育

  • 顧客企業エンジニアが開発・設計作業を担当する。
  • 委託先から顧客企業への技術受け渡しが行われる。

(委託先は、開発・設計に必要な知識・ノウハウを顧客企業に伝授することで、客先の開発・設計作業の効率向上を促進する)

「テクノシェルパ」のサービスは、(2)に相当します。

「テクノシェルパ」のWebページがリリースされる以前から、弊社では「技術コンサル」と「技術者教育」のサービスをご提供してきております。

(2)の「技術コンサル」「技術者教育」は、(1)の開発・設計受託サービスとは異なる性質を持つサービスであることから、それらの違いを明確化してご提供するために、「テクノシェルパ」のブランド名と共にWebページを新規開設しました。

※ブランド名「テクノシェルパ(Techno Sherpa)」の由来

Technology(テクノロジー)=技術。
Sherpa(シェルパ)=ヒマラヤ登山隊をサポート・道案内する人。転じて、サミットの首脳の補佐をする各国の高官。
からなるネーミングです。
「テクノロジーに関して、コンサルし、サポートする」を表します。

注目の動画

《「トップの言魂」番組収録時の動画 ~テクノシェルパの説明~》

2019年2月23日にJ:COMで放映されました「トップの言魂」の番組収録時に石川社長がテクノシェルパについて触れています。番組の中では使われていない映像を公開いたします。

動画では以下のような内容をお話ししています。

今は社会に技術者が不足していて、業界全体が困っている状態です。

技術者不足への解決方法は、当社のような開発・設計の会社が設計するということだけではないと考えました。
お客様の企業の中には非電子系の、例えば化学系、機械系、物理系などの技術者はおられるはずです。そのような理系ではあるけれども電子系ではない技術者の方を電子系の設計ができるよう、技術を伝授して差し上げることができれば、もう1つの電子系技術者不足へのソリューションになると考えたのです。
それが、当社の新ブランド「テクノシェルパ」です。

「テクノ」は技術を意味し、「シェルパ」は山登りの際に荷物を持って差し上げたり道案内などをすることで、登頂までを支援する人を指しています。
ですから、「テクノシェルパ」が意味していることは、当社が非エレクトロニクス系の専門を持たれているお客様と一緒に、電子回路等の設計ができるようになるまでお手伝いをすることなのです。

 

《屋内位置検知用「自律航法ユニット」のご紹介》

物流の効率化が進む中、屋内倉庫などGPS受信できない環境下において、荷物のリアルタイムな位置検知のニーズが高まっております。この難題を解決に導く「自律航法ユニット」のデモ動画です。

 

《搬送機の自動運転に必要な「高精度位置検出技術」》

労働人口の減少に伴い輸送機、重機、農機などに「自動運転技術」を導入し、人手不足を解消したいとのニーズが高まっております。
この自動運転を実現するには「高精度位置検出技術」が必要不可欠です。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.