Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

位相補償が解れば電源の発振なんて怖くない

みなさんこんにちは。第一技術部の赤谷です。

昨日に続きWTIブログ連投です。どうぞよろしくお願いします。

電源の評価をしていると、低温で出力が発振してしまった!という経験があると思います。

その時、原因として

✓ 出力コンデンサの容量が足りなかった。
✓ コンデンサのESRが低温で高くなった。

など、安易に考えがちです。

これはあながち間違いではありませんが、電源の周波数特性を念頭にもっと定量的に診断し、対策を打つ必要があります。

そこで位相補償という概念が登場するわけですが、その詳細については「電源回路の安定動作のための位相補償」で紹介していますのでそちらをご参照いただければと思います。
今回の説明では数式を使わず、概念的なイメージで電源の性能についてお伝えしましょう。

まず、電源は以下の図のようにフィードバックのかかった負帰還回路として見ることができます。

 

 

このとき、周波数特性による位相のズレが無いとすると、入力に対して位相が180°回った信号がフィードバックされます。

入力信号とフィードバック信号を重ね合わせると下図のようなイメージです。この状態では、お互いの信号が打ち消し合う方向に作用するため、電源として出力は安定しています。

 

 

しかし、この負帰還回路にはリアクタンス成分が存在することから、周波数変化と共に利得や位相が変化します。その様子を測定しプロットしたものがボード線図です。「電源回路の安定動作のための位相補償」でも紹介されていますが、利得が1(0 dB)となる周波数で位相が180°変化するとどうなるでしょうか?

 

 

上図のとおり、入力には入力信号と同じ位相のフィードバック信号が加わるため、互いに打ち消し合うことはなく、仮に入力信号が無くなったとしても、出力は発振を続ける状態になってしまいます。つまり、正帰還の状態になっていると言えます。

これが電源回路で問題となる発振のメカニズムです。

ちなみに、位相余裕としては60°くらいは欲しいところです。余裕が無いと、温度変化に伴いリアクタンス成分が変化したとき、さらに位相が変化し、変化量が180°に達すると発振してしまいます。

下図は位相補償によって、80°のマージンを確保した状態です。(位相補償後:青線)

 

 

ちなみに、利得が1(0 dB)となる周波数(以下、クロスオーバー周波数という)が高いほど、電源としては、負荷変動に対する応答が良くなります。負荷応答性が良いと、出力コンデンサの容量を小さくすることが可能となります。(小型のモバイル機器では重要なポイントです。)このクロスオーバー周波数は、スイッチング周波数の1/10~1/5程度を目安として設計します。つまり、スイッチング周波数が高いほど、負荷応答性が良く小型の電源を構成することができますが、一方で物理的な変化であるスイッチング回数が増えることで、スイッチングロスが大きくなり電力効率は下がってしまいます。

電源設計ではこれらの周波数特性をよく理解し、システム要件に合った設計条件を定義する必要があります。

当社にはパワコンやインバータなどの大型電源を取り扱う電源設計サービスや制御基板などのオンボード電源を取り扱う電気設計受託サービスがございます。もし何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談下さい。

 

【関連リンク】

【関連ブログ】

関連ページ:

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.