Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

学生さんからの質問への答え:「電気・電子系以外の専攻の人は、入社後WTIの技術者としてやっていけるものでしょうか?」

Wave Technology(WTI)の社長 石川高英です。

採用面接やインターンシップの際などにいただくご質問に対して、私がどうお答えしているか、WTI社長ブログで時折紹介してきています。

【 ご質問へのお答え: 過去ブログ】

今回のご質問は、「電気・電子系以外の専攻の人は、入社後WTIの技術者としてやっていけるのでしょうか?」です。

WTIはエレクトロニクス系の開発設計会社ですので、日々の設計業務をこなすためには、技術者が電子系技術を習得していることが重要です。

一方、このご質問をくださった方は、電気・電子系のご専攻ではないことから、電気回路、電子回路、電子デバイス、マイクロ波工学、パワーエレクトロニクス、伝熱工学、などを始めとする当社で扱う技術分野に関しては、あまり詳しく勉強されてはおられない方でした。

そこで、もし自分がWTIに入社したら、きちんと仕事をしていけるのかどうかを予め確認しておきたいというご趣旨でした。

このようなご質問をされること自体、この方の真摯なお人柄が伝わってきます。

以下、このご質問に私がどのような回答をしたかを、少し言葉を補って書かせていただきます。

WTIには過去から、電子系以外を専攻された方がたくさん入社してこられています。
そして、当社技術教育センターや職場のOJTなどによる技術教育を受けて、一人前の電子系技術者として成長を遂げられてきています。

それを可能としているのが、専門外の人でも電子系技術者として育成していける当社独自の社内教育メソッドです。

【WTIの手厚い社内教育の詳しい内容はこちら】

 

 

理系の学部で学んでこられている訳ですから、技術全般に対する考え方のベースはしっかりと構築されています。そのベースの上に、当社の教育メソッドで、電子系の技術を理解することは、さほど難しいことではないでしょう。

ただ、その方が勉強に取り組む姿勢によって成長スピードが異なることはあり得ます。

しかし、当社の技術教育センターが提供する教育プログラムを、ご自分の成長機会と捉え、有意義に活用しようというお気持ちがあれば全く心配はご無用です。

以上よかったら、参考にしてみてくださいね。

最後にちょっと付け足しますと、当社のキャリア採用で入社された方の中には、前職が宮大工さんという人もおられるくらいなのです。

そのようなことからも、入社してからの伸びしろが大きい会社とお察しいただけると思います。

これからも、お聞きなりたいことは、是非ご遠慮なく質問してみてください。

一生懸命答えますので。

【関連ブログ】

それから、新卒採用につきましては、こちらをご覧ください。

 

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.