Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ 新着情報 ▶ 会社概要 ▶ 人材採用(新卒中途)▶ 保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

CAE解析を活用した機構設計

みなさん、こんにちは。構造設計課の中島です。
現在、板金筐体の設計に携わっております。

設計業務の中で、部品や筐体自体の強度が十分であるかどうか懸念されるシチュエーションがよくあります。

板金筐体であれば、単純に板厚upや補強板金を追加すればいいのですが、必要以上に部品を追加するのはコストupや製品重量upにつながるため良い設計とは言えません。そんな時には、以前CAE解析業務を担当していた経験・知識を活用して数値的な設計根拠を持つように心がけています。

CAE解析といえば、解析専用のツールをイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、3D CADにも簡易的な解析機能が付いているものもあり、設計をしながら不安な部分は解析で確認するということが可能です。また、複雑な課題(動解析、熱流体解析など)は解析専用のツールで確認して設計を進めることをお薦めします。当社も関連技術のサービスを行っておりますのでご覧ください。(下記)

解析ツールに必要条件を入力してしまえば簡単に結果を得ることができますが、注意すべきポイントは解析結果が妥当であるかをきちんと見極めることです。拘束条件など多少のノウハウが必要となり、同じ材料物性値を入力しても拘束条件が異なれば結果も異なることになります。

私も予想した結果が得られず、なかなかうまくいかないときには、先輩方に相談しながら日々勉強しております。

3D CADで設計をしている方の中で、

○解析機能があるのは知っているが、うまく使いこなせない。
○解析結果が正しいかどうか判断できない。

上記以外にも、

○設計業務が忙しく解析で確認したいが、時間が取れない。
○解析専用ツールを必要とする、製品落下等の動解析や熱流体解析を実施したい。

このようなお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

WTI機構設計、応力・熱解析部隊が様々な視点からアドバイスさせていただきます。

 

【関連リンク】

 

 

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 © 2005 Wave Technology Inc.