Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

ESP32マイコンでOTA! Wi-Fiでプログラムを書き込む

みなさん、こんにちは。

ソフトウェア設計課の中野と申します。よろしくお願いいたします。

今回は、最近ソフト課で流行っているマイコン、ESP32でOTAを用いたプログラミングにトライしてみましたのでご紹介いたします。

 

【ESP32とは】

Wi-FiとBluetoothを内蔵するマイコンで、上海に本社を置く無線チップメーカーEspressif Systemsが製造を行っています。

CPUはXtensaデュアルコア32ビットLX6マイクロプロセッサで、Wi-Fi、Bluetooth以外に、12ビットのADC、8ビットのDAC、SPI、UART、I2C、I2S、PWM、Ethernet等のインターフェースを内蔵しています。

 

【OTAとは】

OTAは Over The Air の略で、プログラムの書き込みを、Wi-Fiや携帯電話に使われるデータ通信、Bluetoothなどの無線ネットワーク経由で行います(スマホのOSやアプリの更新もこのOTAによって行われています)。

要するに、マイコンをPCにつながなくても、電源が入っていてネットワークにつながっていれば、プログラムの書き換えが出来るとても便利な方法です。

 

【使用したボード】

今回は以下を使用してLEDを点滅させてみました。

  • 使用ボード:ESP32-DevKitC
  • 開発環境:Arduino IDE ※ESP32のボードマネージャ インストール済

 

 

ちなみに、今回はLED点滅のプログラムを書き込むので、ESP32のボードにLEDを半田付けしました。それだけでは面白くないので、電源はQiのモジュールを使っています。

 

 

【プログラムの書き込み】

OTAなので無線でプログラムを書き込むのですが、最初はUSBでPCにつないで初期設定してやります(ネットワークのSSIDとパスワードを入力)。

初期設定が終わればUSBをPCから切り離してもESP32はWi-FiでPCと繋がっていますので、後は、プログラムを書いていくだけです。

そしてプログラム作成が終わってマイコンボードへの書き込みを選択してやるとWi-Fi経由でESP32にプログラムが書き込まれます。

 

そしていざ動作です。

写真のようにLEDがきちんと点滅しました。

 

 

一昔前は無線でプログラムの書替を行おうとすると膨大な時間と費用が必要でしたが、今ではESP32のような便利なマイコンを活用することで、IoTデバイスのような端末を無線で任意のプログラムでコントロールすることが可能となっています。

WTIは、ESP32のようなちょっと気が利いたマイコンを使って、ソフトウェア・ハードウェア一体でお客様のご要望を実現することも得意分野のひとつとしています。

こんなことができないか?というご相談がございましたら、まずはお気軽にお声をおかけください。

 

【関連リンク】

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.