Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

後付け熱対策、追加熱対策が必要!どうする?

初めまして、構造設計課所属の木谷と申します。

主に屋外設置製品の筐体設計の業務をしております。
この仕事を通してお客様から「熱い、どうしよう」と言う声をよくお聞きします。

 

 

 

答えは「冷やせば良い」。

書くのは簡単ですが皆様もご存知のとおり、この「冷やす」が曲者です。

私がよくお聞きするのは、「当初の仕様で最適な筐体やヒートシンクの設計を行なったが、仕様変更または仕様追加となり発熱量が変わったため、そのままでは基板の実装部品の使用温度を超えてしまう。追加熱対策をどうしよう。」というものです。

対策としては、

  • ヒートシンクを新しい仕様に合わせて最適化(大型化)する
  • 自然空冷であれば強制空冷に変える
  • 筐体サイズを大きくする

など色々な方法があります。

例1: 筐体サイズ・重量優先で有れば強制空冷またはヒートシンク形状の最適化など。
例2: コスト・メンテナンス性優先で有れば筐体サイズ変更及びヒートシンクの大型化など。

お客様の筐体データ及び発熱量、実測値をいただければ、すぐにシミュレーション空間内に現在の状態を再現できます。

過去には、

  • ヒートシンクの形状最適化によってコイルの温度を5 °C低減
  • 内部ファンの位置と風の対流を最適化する事で内部温度を3 °C低減
  • 強制空冷にすることにより筐体サイズキープしたまま内部温度を7 °C低減

等の実績があります。

弊社ではお客様のニーズにあった方法で解決方法をご提案できます。

「#後付け熱対策、#追加熱対策」など熱に困ったと思った時は気軽に弊社へご連絡下さい。
色々な解決方法でお客様へ提案させていただきます。

 

 

我々、WTI構造設計課は金属筐体設計のみならず、樹脂筐体設計も対応できる技術を保有しています。

お客様の様々なご要求に見合うご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。

 

【関連リンク】

 

 

WTIブログもご覧ください

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.