Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ 新着情報 ▶ 会社概要 ▶ 人材採用(新卒中途)▶ 保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

基板設計勉強中!(DRC編)

みなさん、こんにちは。第一技術部、基板設計課の杉井です。

前回の基板課ブログ「基板設計勉強中!(部品配置検討編)」の続編として、今回はDRCについて紹介いたします。

 

DRCとはDesign Rule Checkの略で、設定したデザインルールどおりに設計できているかを確認することです。

DRCは基板CADの機能であり、設定したデザインルールの違反を自動で検出することができます。基板CADがない時代には、紙や2次元の機械CADにパターンをトレースして、目視で配線の幅や間隔を一ヶ所ずつ測定していたそうです。基板CADの登場によって工数が削減され、基板の設計品質が向上しました。このように便利なDRCですが、基板CADがルール違反を正確に判別するためには、デザインルールを正しく設定することが肝心です。デザインルールに不備があると多大な損害に繋がるため、基板製造や機構設計、電気設計など様々な観点からルールを決定する必要があります。主要なデザインルールの設定項目を表 1に示します。

 

表 1 基板設計におけるデザインルールの設定項目

 

また、安価な基板CADではできない場合もありますが、特定の領域だけ、別のデザインルールを設定することもできます。例えば、BGAのピン間だけ厳しいデザインルールを適用し、DRCを行うことで、基板単価を抑えることができます。

 

基板設計のDRCは基板の品質を保証するためのチェックであり、DRCを正しく行うためには、適切なデザインルールの設定が必須であることを紹介いたしました。引き続き、様々な基板の設計に携わって経験を積んでいきたいと思います。

 

【関連リンク】

【サイト内検索】

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 © 2005 Wave Technology Inc.