Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

輸入Wi-Fi製品はそのままでは技術基準適合証明(技適)を取得できない?!

みなさん、こんにちは。システム設計課の小川です。

最近、輸入したWi-Fi製品を国内で使用や販売をするために技術基準適合証明(技適)を取得したいというお客様が多数いらっしゃいます。

しかしながら、輸入したWi-Fi製品は日本向けに調整されておらず、そのままで受検しても技術基準適合証明(技適)を取得できない場合が大半です。その理由をご説明します。

 

① 送信パワーが大きすぎる

国によって許容される送信パワーの規格値が異なります。

日本の電波法では諸外国に比べると送信パワー(電波法では「空中線電力」と呼ばれる)の規格値が低く規定されています。

そのため、輸入したWi-Fi製品は国内の規格値よりも送信パワーが大きい場合が大半で、国内の規格値を満たすことができず、「NG」判定となり技術基準適合証明(技適)を取得することができません。

 

② 使用できる周波数が異なる

Wi-Fiで使用を許可された周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯がありますが、5GHz帯で使用できる周波数帯は、国ごとに異なります。

5GHz帯は使用可能な周波数帯をW52、W53、W56、W58としばしば呼ばれることがあります。日本では下表のようにW58は使用が許可されていません。

そのため、輸入したWi-Fi製品がW58に対応した製品の場合はソフトウェア等でW58では動作しないように制限をかける必要があります。

呼称

周波数

日本

アメリカ

欧州

中国

W52

5150MHz~5250MHz

W53

5250MHz~5350MHz

W56

5745MHz~5725MHz

×

W58

5725MHz~5850MHz

×

×

 

③ 日本固有のDFSパターンに対応している必要がある

5GHz帯Wi-FiアクセスポイントにはDFS(Dynamic Frequency Selection)機能が義務付けられており、技術基準適合証明(技適)取得時にも試験が実施されます。

DFS機能とは、5GHz帯の特定のチャンネルでは気象レーダーなども使用しているため、レーダー波を検知した場合、自動的に他のチャンネルに変更する機能です。さらに、そのチャンネルはレーダー検知後、しばらく出力してはいけません。レーダー波は様々な信号パターンで出力されており、これら様々な信号パターンを検知してDFS機能が動作する必要があります。

また、日本固有の信号パターンも存在しており、輸入製品の場合は対応していない場合があります。その場合はWi-Fi機器の製造メーカーに日本固有の信号パターンにもDFS機能が動作できるように対応してもらう必要があります。

 

以上のように、輸入したWi-Fi製品そのままでは技術基準適合証明(技適)を取得できない場合があります。

Wave Technology(WTI)では、これらに対応する事前評価から必要な調整評価も行い、認証機関の審査合格までをご支援することができます。

その他、様々なご要望にも対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

↓↓↓こちらに関連リンクをご紹介していますので、ぜひご覧ください。

■関連リンク

 

■高周波・無線関連その他サービス紹介

■参考資料

■関連YouTube動画

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 Copyright © 2020 Wave Technology Inc. all rights reserved.