Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ 新着情報 ▶ 会社概要 ▶ 人材採用(新卒中途)▶ 保有特許 ▶ お問い合わせ ▶ キャラクター紹介

電源の新規開発設計でお困りではありませんか?

みなさん、はじめまして。
営業部 ソリューション営業課の杉本と申します。
よろしくお願いいたします。

私事で大変恐縮ですが、昨年9月にWTIに中途で入社、営業部に配属となり、ようやく業務にも慣れて来ました。まだまだ勉強中ではありますが、お客様のお困り事解決に向けて日々奮闘中です。

前職では、半導体メーカーでパワーデバイスの営業をしておりました。
当時からお客様へ訪問、会話をさせていただく中で、『最近は、デジタル系の技術者は豊富にいるが、アナログ系の電源設計技術者が不足している』、『電源は評価にも手間がかかるので、新規の電源開発がなかなかできない』と言うようなお困りごとをよく耳にしました。

電源は、あらゆる電化製品に必ず搭載されているものですが、一から製品に合わせた最適な電源を開発する際は、専門的な知見が必須です。例えば、コストを優先して設計する場合、高周波化すればトランス、コイル類の小型化と共にコストダウンもできますが、トランスの音鳴りや、ノイズなどの課題が発生した場合は、知見がないと対策に相当の時間を要します。
電源の開発においてコスト、小型化、電源効率等は、大体がトレードオフの関係にあり、絶妙なバランスをとる事が非常に重要になります。

さて、そこで今回ご紹介をさせていただきたいのが、『WTIの電源設計受託サービス』です。

WTIでは、長年培った電源設計のノウハウを蓄積しており、知見を活かした設計のご提案が可能です。以下に当社の電源設計受託サービスの特徴をご紹介いたします。(電源設計受託サービスの詳細な内容につきましては、弊社HPの電源(パワエレ)を参照下さい)

 

●WTIカスタム電源設計サービスの特徴
~お客様のご要求に応じてカスタム電源(特殊電源)の受託設計サービスを提供~

  • 1W以下の小電力から数kWオーダーの大電力まで対応
  • 汎用電源では対応できないお客様のご要望の形状、サイズ、カスタム入出力に対応
  • 経験豊かなエンジニアが、お客様と一緒に仕様や機能を構築
  • パワーデバイス、熱シミュレーション等の電源設計に関わる技術も保有
  • 必要に応じて、お客様社内へ駐在、お客様の設計基準、開発ルールに基づいて設計対応
  • 基板設計や試作実装、評価のみ等の設計の一部受託も対応

 

 

●WTIの電源設計開発事例

  • 高耐圧電源の開発
  • モータードライバー用電源の開発
  • 液晶TV用電源の開発
  • 太陽光パワコン用絶縁電源の開発
  • 産業用システム電源
  • 車載用充電器の開発
  • リチウムイオン充電器の開発
  • 大電流絶縁電源の開発

など

 

また、WTIでは、今回ご紹介いたしました電源設計受託サービス以外にも多数技術サービスを準備させていただいております。お客様の開発に関するお悩みに対して、かゆい所に手が届くような提案をいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

【関連リンク】

 

WTIメールマガジンの配信(無料)

WTIエンジニアが携わる技術内容や日々の業務に関わる情報などを毎週お届けしているブログ記事は、メールマガジンでも購読できます。ブログのサンプル記事はこちら

WTIメールマガジンの登録・メールアドレス変更・配信停止はこちら

 

WTI動画リンクはこちら
WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 

 © 2005 Wave Technology Inc.