Wave Technology(WTI)-ウェーブ・テクノロジ

WTIは技術者不足を解決する「開発設計促進業」です

▶ WTI新着情報 ▶ WTI会社概要 ▶ WTI人材採用(新卒中途)▶ WTI保有特許 ▶ お問い合わせ

電源(パワエレ)回路設計例

ステップアップ/ステップダウン DC/DCコンバータ

12VDC→20V、8VDC出力

12VDC→20V、8VDC出力

ブロック図

ブロック図

デジタル制御電源回路、ソフトウェア設計

デジタル制御電源のメリット

  1. ソフトウェアによる出力電圧の任意制御が可能
  2. PWM制御による出力負荷変動に応じた最適効率の実現
  3. 専用DSP採用による回路のコンパクト化(4ch制御が可能)

デジタル制御電源のメリット


12VDC→6~10VDC出力
4ch×2系統 = 8ch
(参考:TI製DSP評価ボード)

インバータ用マルチフェーズ出力電源

[概要]

太陽光発電システムにおいて入力電力の最大点を追従し、より多くの電力を後段の入力条件に合わせて昇圧、伝送する高効率電源UNIT

[用途]

太陽光発電用インバータ DC/DCコンバータ、ストリングコンバータ 等

4VDC → 15VDC(60W)出力

4VDC → 15VDC(60W)出力

[機能・特徴]

・3相マルチフェーズ動作による効率改善
・同期整流機能によるロス低減
・入出力か電圧、過電流保護機能
・温度保護機能

ブロック図

ブロック図

特殊電源

[概要]

入力電圧(10V-16VDC)よりパルス出力(4kV/1A)を行い、出力ピーク電流を外部パルス入力(PWM)にてコントロールいたします。

入力:10V-16VDC → 出力:4,000VDC出力

4VDC → 15VDC(60W)出力

[機能・特徴]

・ソフトスタート
・モニター出力
・低電圧・無負荷・短絡検知
・温度保護機能

 

ブロック図

ブロック図

サイト内リンク

電源(パワエレ)

WTIブログもご覧ください
技術者は原理原則の理解が大事なんです!
太陽光発電システムの縁の下の力持ち ~パワコンとは~
自動車の電動化を支える機器の開発
回路図には登場しないインダクタンスに注意
電源にもデジタルの波が

電子回路設計 ヒントPLUS☆(電源関連)
~パワエレ設計(スイッチング素子)~
~パワエレ設計(ダイオードの選定)~
~パワエレ設計(IGBTの選定)~
~パワエレ設計(MOSFETの選定)~
~パワエレ設計(電解コンデンサの選定)~
~パワエレ設計(フィルムコンデンサの選定)~
~パワエレ設計(リアクトルの選定)~


WTI動画リンクはこちら
 WTIの技術、設備、設計/開発会社の使い方、採用関連など、幅広い内容を動画で解説しています。

 Copyright © 2018 Wave Technology Inc. all rights reserved.