2年目研修発表会

2017.06.01

昨日、入社後2年を経過した方達の研修発表会を本社にて開催しました。

 

当社は1年目研修終了時時に加えて、2年目も研修発表会を行っています。

未来ある若者を預かっている訳ですから、しっかりと業務が身につくよう、社内でフォローを続けるのです。

 

役員や管理職の列席の中、発表者の方々は少々緊張したかもしれませんが、内容は上々で、1年前の研修発表と比べて、内容は勿論のこと、発表態度も説明の分かりやすさも相当進化していて、逞しく成長してきたことを実感しました。

彼らの今後の成長が本当に楽しみです。

 

WTIは社員育成に力を入れている会社です。研修の実際については、こちらをご覧ください。

http://www.wti.jp/contents/education.htm

 

また、この会社の仕事に興味のある方はこちらをご覧ください。

中途採用⇒ http://www.wti.jp/contents/recruit-2.htm

新卒採用⇒ http://www.wti.jp/contents/recruit-1.htm

2年目研修発表会

ご見学申し込み
お問い合わせはこちら

以下、新卒就職、転職(中途採用、キャリア採用)希望の方々へのお知らです。

株式会社Wave Technologyは、 IoTを始めとした電子回路・電子機器を始め、電子デバイス(半導体デバイス、LSI)、高周波回路・機器(マイクロ波、RF)、カスタム電源、カスタム自動測定、筐体(機構)、電気・熱・応力解析・シミュレーションなどの、広範に亘る技術の開発・設計・評価・コンサルティング・教育の専門会社として30年余りの実績を保有しております、三菱電機系列企業の子会社でございます。
⇒ http://www.wti.jp/

上記いずれの分野につきましても、新卒入社、中途入社、いずれのエンジニアの方も大変活躍されています。

お客様からは、技術レベルの高さをご評価いただいておりまして、大変ありがたく存じております。
⇒ http://www.wti.jp/contents/reputation.htm
⇒ http://www.wti.jp/contents/blog/blog170404.htm
新卒入社、キャリア入社(中途入社)のいずれのエンジニアの方にとっても、好きな技術の仕事でお客様に褒められ喜んでいただけるという、大きなやりがいのある会社であろうと自負しています。

お客様は、東証一部上場企業様が売上の8割を占めるなど、
⇒ http://www.wti.jp/contents/recruit-2.htm
電子機器や半導体メーカ等を始めとしてエレクトロニクス分野の国内トップレベルの企業、大学、研究所が大半となっており、一流のお客様から難易度の高い開発業務のご用命をいただいてきております。

このような業界トップレベルのお客様の中には、「WTIさん以外には、この仕事はお願いできないんです」とまで仰る方までおられ、本当に嬉しいかぎりです。

自社内に開発部門を保有しておりますので、
⇒ http://www.wti.jp/contents/r_and_d.htm
新たな技術開発を大学と共同で実施するなどして得られた開発成果を自社の設計サービスとしてリリースしています。
最近では、ワイヤレス給電 (無線電力伝送、WPT)の技術サービスを付加いたしました。
⇒ http://www.wti.jp/contents/wpt.htm

設備投資につきましては、昨年は電波暗室を購入しておりまして、近年注目されてきております、EMI対策やコンサルで、お客様への支援を行っております。
⇒ http://www.wti.jp/contents/emi-02.htm

今年度の設備投資は防水試験装置です。最近世の中で開発が活発化してきていますIoT機器は屋外に設置するものも多く、防水設計・試験の需要が高まってきておりまして、このご要望にお応えすべく導入しました。
⇒ http://www.wti.jp/contents/casing.htm
既に防水設計のご注文をいただいています。

当社は、新卒採用と中途採用(キャリア採用)を行っておりまして、年齢、性別、国籍を問いません。

技術者としてだけではなく、リーダーとして活躍したい、という方も歓迎しております。

当社への新卒入社、転職(中途採用、キャリア採用)にご興味ございましたら、下記ページをご覧下さい。
中途採用: http://www.wti.jp/contents/recruit-2.htm
新卒採用: http://www.wti.jp/contents/recruit-1.htm

ご見学申し込み
お問い合わせはこちら

◆ 社長ブログ トップへ戻る ◆